2016年04月11日

ノブオくんに言われたこと

「最近ちっともブログ更新してないよね」

ある日ノブオくんからそう言われました。

忙しいんだよ。書くヒマがないの。

「最近の記事いくつか見ても、なんか、いつもの感じじゃないよ」

どういうこと。

「どうって、出来事をだらだら並べてるだけで、なんだか面白くない」

面白くないとはなんだ。ほっといてよ。

「いつものつまらない冗談もないし、自分の考えも書いてない」

いいじゃん別に。俺の記録なんだから。

「そう言うけど、じゃあなんでブログに公開してるの? 記録ならfacebookとかでじゅうぶんじゃん」

それは……

「言わせてもらおうか」

なによ。

「きみのブログのいいところは、知識も経験も足りないビギナーがビギナーなりにあれこれ考えて奮闘するのを、悲壮にならないようにユーモアでくるんで見せるところでしょ。上級者はそれを読んで優越感を感じるし、初心者は読めばなんだかほっとする。要するにそういうブログが書きたいわけでしょきみは」

そ、その通りです。しかしずいぶんよくわかってるなあ。

「しかるに、」

しかるに、なんだい。

「今のきみのブログには、気楽に読める脳天気さがない」

えっ……

「よく考えてごらんよ。初中級者の行動記録なんて、情報としては無価値でしょ」

無価値!

「何かの役に立つわけでもない。かといって面白くもない。そんな文章を誰が何のために読むの」

ガーン! きみの言う通りだ……僕はどうすれば……

「前みたいに、ふざけてくだらない冗談を書けばいいじゃない」

なんか、最近そういうのが都合よくポンポン出てこないんだよね……

「気持ちに余裕がないんだね」

そうみたい。仕事とか。いろいろ。

「ま、深く考えずにぼちぼち書きなよ。また来るね。バイバイ」

そう言ってノブオくんは去っていきました。

ちなみにノブオくんというのは、34年前に13歳で交通事故で亡くなったある少年の霊です。ときどき私の部屋にふらりとあらわれては、こんなふうに僕にお説教をして去っていくのです。

安心してください。ウソです。

ノブオくんという設定は、友達のアキヒロくんが今考えついたものです。アキヒロくんというのは

posted by Gyochan at 00:26 | Comment(2) | ブログ

2016年03月02日

ポコンポコンスカッポコンスカッポコンポコン

コンビニめしって、むかしは「24時間いつでも食えることをありがたく思え」くらいな位置づけで味については言うな聞くなってムードでしたが、近ごろはおいしいですね。

私の最近の個人的なヒット商品はファミマの「熟成ロースカツサンド」。はさまってるカツが立派でうまい。じゅうぶん一食分になるので、最近は早朝スキー場に向かうクルマの中でぱくついて朝食にしています。ただし値段も400円とかなり立派。

毎度。俺です。

さて、先々週末は菅平パインビークで某社スキー部のキャンプに参加していました。

某社スキー部はふだんはかたしな高原スキー場で元WCレーサー佐藤翔氏が開催しているSOARというキャンプにお世話になることが多いのですが、自主興行もあります。「ポール未経験者でも安心な基礎トレーニング」がテーマのこのプライベートキャンプ、参加させてもらうのは三回目です([一回目の記事] [二回目の記事])。

このキャンプ、もともとはコーチ役のかいぞー氏がスラローム大好きなのでスラ寄りの練習メニューだったのですが、最近かいぞー氏のGS指向が漸増しつつあり、そのせいか今回のキャンプも「スラ板でGSっぽく滑る練習」という風合いのものになりました。メニューもメソッドもコーチのマイブームに引っ張られるキャンプなのです。

フリーで原則を確認した後、ポール専用バーンにネトロン(やわらかいショートポール。詳しくはこちら)で等間隔・規則的なセットを張り、規制滑走に慣れます。インターバルは初日が15m、二日目は18m。

15m間隔はキレに乗って行く時間がなくてあわただしいコントロールを強いられましたが、「これじゃスラっぽいGSじゃなくてただのスラだ」とメンバーからのクレームが出て翌日変更された18mのセットは急斜面でも攻めてポールに寄っていくことができました。

おととしはラインを度外視して故意に当てに行ってもネトロンに1、2回ひざを当てるのがやっとだったのが、いつの間にか普通に滑っても連続で脚が当たるようになっていました。たまにはずしますが、半々以上の確率でひざにヒットしました。

もっとも、当たるとうれしいのでついつい「当たらない体勢からも当てに行くための意味のない動き」が入ってきてしまい、結果フォームが崩れるというアホな滑りもしていました。具体的には、スタンスを広げすぎたり、グリップに見合わない内ひざの内傾をとろうとしたりといった動きですね。

ともあれ、ちょうどいいインターバルとネトロンのおかげで「障害物をたくみにすり抜ける楽しさ」という、スラローム競技のもつ原初的なゲーム性をぞんぶんに味わうことができて、終始楽しく集中して滑ることができました。こればっかりやっていたい(笑)。

posted by Gyochan at 22:56 | Comment(4) | スキー

2016年02月28日

ある日の菅平

今日はヒトリフトの予定で朝4時半に目覚ましをセットして、その時間にいったんは起きたのですが、頭と身体が猛烈に重くて起きられませんでした。

朝はそこまで弱くないほうなので、「こんなに起きるのがつらいということは、体調が悪いに違いない」とスキーを取りやめ、あらためて昼まで寝ることにしました。

ところが、昼もう一度起きてみたら今度はそれほど調子は悪くない。どうやらスギ花粉の「モーニングアタック現象」を体調不良と錯覚したようです。

だったらスキー行けたじゃないか! 俺のばか!

毎度。俺です。

先週末は菅平で秘密の寄り合いに参加していました。

この寄り合いについてはまた別で書くとして、今回はそのときに体験というか目撃した事件の顛末を書きます。

それは初日の練習が終わって宿のマイクロバスで宿に戻る途中に起きました。

宿は菅平では多くのチームが定宿にしている老舗「プチホテル・ゾンタック」。到着まであと100mというところで車内から「あー!」という声があがると同時にマイクロが停まりました。

「Wさんだ! Wさんが脱輪してる!」

我が部の鬼部長W氏の駆る国産Cセグメントハッチバック車が、前方の路肩で不自然な角度に傾いて停まっていました。

マイクロの運転手さんはホテルの従業員のおじいさん。「ありゃ〜、脱輪だよ」と言いながらここからの行動が早かった。

すぐに出せるところに置いてあったフック付きのワイヤーと小さなマットを手にバスを降りると、鬼部長と二言三言言葉を交わし、手際よくワイヤーを脱輪車にセットしてマットを落ちた後輪に敷き、マイクロで後進してまたたく間に脱輪した鬼部長のクルマを引っ張りあげてしまいました。

この間せいぜい2〜3分だったでしょうか。もっと短かったような気もします。

じいさん神か……。

鬼部長と我々は一緒に練習を終えたので落ちたてのホヤホヤだったはず。雪道で脱輪なんて考えただけで憂鬱になるほど厄介なトラブルですが、泣きたくなる時間すら与えられず助け出されてしまったわけです。手際がいいなんてもんじゃない! じいさんカッコイイぜ! 雪国に暮らす人々のこういうたくましさはホント尊敬するしあこがれます。

なお、雪をかぶっていてわからなくなっていた側溝は翌朝見たらちゃんと除雪されて可視化されていました。このあたりもさすがと言うほかない。

俺も牽引ロープ積んどこう……。

posted by Gyochan at 17:30 | Comment(1) | スキー