2016年07月18日

グリスを詰め替えました

ツール・ド・フランス見てますか?

私は見てます。

今年もイエロージャージは例年のごとくコンサバティブな展開であまり面白みがないですが、ステージ争い、各賞争いはなかなか白熱していて楽しいですね。ことに山岳賞が混戦気味で、山岳賞争いに総合争いがクロスしてこない中盤戦の今がいちばん楽しめるのかなと思ってます。

毎度。俺です。

ネタは溜まってるんですがアップするヒマがなくてだいぶ更新に間が空いてしまいました。

このまま放置していたら「やっと死んだか」と思われてしまうので、小ネタですけどアップしておきます。

グリスの話。

日常整備には「緑色の憎いやつ」、デュラグリスを私も使っています。

皆さんおなじみの50gの円筒容器のやつですが、これが減らない。まったく減らない。

なにせ、フタに付着してた分だけで半年もちましたから。いや本当に。

分解整備が好きで頻繁に大バラシをする人ならともかく、サンデーライダーが日常整備で使うグリスの量なんてタカが知れてますでしょう? グリスよく使うランキングの第一位はどうせボトルケージのボルトでしょう? スプロケはめる前のフリーボディに塗るとき「おっ、面積広い」とか思っちゃうでしょう?

なのに、デュラグリスのフタは「スプーンで行け」とばかりにぱっくり開いてくれる。ハーゲンダッツ状態。いやいやそんなに使わねーし。むしろとりにくいし。ほんのちょっとだけとりたいの、俺は。

そう思ったので詰め替えることにしました。

CA3I0046.JPG

歯磨き粉の容器に。ホテルに泊まると手ぬぐいとかとセットで置いてある小さいやつ。

歯磨き粉としてはむしろ小さすぎるんじゃないかと思いますが(しかもまだ中に空間が余ってたりする)、それが逆に「ほんのちょっとだけほしいとき」にぴったり。M5ボルトとかの、ごく微量につけたい時に便利です。たっぷりほしい時は普通に本体からとればいいです。

中に入っている歯磨き粉を完全に洗い流すのが地味にたいへんなのと(お湯であたためるとはかどる)、グリスの注入にキリンジが必要なのがハードルですが、それだけの価値はありました。

……キリンジ?

シリンジですね。

あなたがわたしにくれたもの♪ 麒麟児、逆鉾、北天佑♪

そんな替え歌ありましたよね。あったんです。

そんなで。

posted by Gyochan at 01:55 | Comment(1) | 自転車
この記事へのコメント
今日も大活躍だったんだけどこれほんと便利。
ネジ山/ネジ穴にチョンのせするだけならチューブの口から直接いける。つまりグリスが指を経ない。超快適作業。
Posted by gyochan at 2016年07月18日 21:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: