2015年11月29日

タイヤのはなし

初滑り、行ってきました!

ウソです! 土日ともずっと家にいました!

毎度、俺です。

この日曜日、あちこちのスキー場がオープンしましたね。いよいよシーズン突入。私は滑りに行くか迷って迷って迷って迷って迷って迷って迷って迷って、やめました。迷うくらいならやめとこうと。本当に行きたいときは迷いなく行くのが私です。

行く準備はほぼ整っていたんですけどね。タイヤも先週スタッドレスに交換しましたし、夏の間はおろしておくルーフボックスも載せました。

こちら↓が夏モードの機材車。今年6月ごろの写真かな。

CA3I0009.JPG

この写真ではまだベースキャリアがついてますが、これもこの後はずしてしまいました。夏用ホイールはダンロップ DIREZZA ST01F の黒。黒い車体に黒いホイール。バッチリきまってるじゃないですか。

そして冬装備の状態がこちら↓

CA3I0060.JPG

友達が「邪魔だから」とタダでくれたルーフボックスを載せ、冬用ホイールは純正(エンケイ)です。こっちもこっちできまってるでしょう。

いや〜、やっぱエボワゴンかっこいいわ。

このクルマ、ガワはおとなしいステーションワゴンですが具はランエボです。ランエボにランサーワゴンの屋根を切り貼りして作られています。切り貼りは手作業なので、必然的に台数限定でした。なのであんまり見かけないっていう。

走りもいい、荷物もたくさん載る、しかも四駆。こんな理想的なクルマがほかにあるでしょうか。センターデフは電子制御式で、雪道モードを選択すれば前後直結のクロカンのような四駆にもなります。正直、雪山道では無敵。

自慢で自慢でしょうがない愛車ですが自慢はこのくらいにしまして……。

今シーズンの冬タイヤはダンロップのWINTER MAXXにしました。さあ、WMの雪道性能はいかがなものでしょうか。ハイシーズンが楽しみです。ちなみに、昨シーズンまで履いていたのはヨコハマのiceGUARD。丸4シーズン使ったので引退してもらいました。

雪山道に繰り出す前に、ドライ性能を確認しておくべく「いつもの山坂道」(©三本和彦)に行ってみました。『新車情報』では箱根でしたが、私の場合は奥多摩です。

思えばiGはドライ性能がいまいちでした。接地感がふわふわと希薄で、ブレーキングもコーナリングも反応が鈍い、眠い。でもスタッドレスなんてみんなだいたいそんなものでしょう。

ところがWM、なかなかやります。やりおるわい、と思いました。

まず、iGに比べるとステアリングをピクッと動かしたときの初動が違います。わりと即座にクイッと来ます。制動力もなかなかのものです。冬タイヤなのでコーナーを攻めたりはしませんでしたが(※夏タイヤでもしませんけど)、奥多摩のくねくね道をちょっとハイペースで走ってもまったく危なげありませんでした。スタッドレスとしてはかなり頼もしい走りです。

とはいえ、ふだん夏タイヤに履いているダンロップDZ102(公道向けでは2番目に硬派なタイヤ)と比べてしまうとグリップもコシも弱いですし、ルーフボックスを載せて重心が上がっていることもあって、全体にクルマの動きはややもっさりしてしまいました。ひとまず、エボワゴンにとってこれからの半年はガマンの時期となりますね。

さてDZ102と言えばですね、こないだ高速道路でパンクしてしまいました。

先月、10月中頃のことです。思えばその日は家を出発した時からクルマがやけに左に流れるのが気になっていました。この時にしっかり点検をしておけばよかったのですが、ハンドルが左に取られる症状はずっと前にもあり、その時は自然に解消したのであまり深刻には考えていませんでした。それでも異状は異状なので、いちおう様子を見ながら走っていました。

帰途、夜更けに中央道下り車線を走っていると徐々に左流れが強くなってきて、「おかしい。これはおかしいぞ……」と思っているうちに

カン!

と、飛び上がるほど大きな音が車内に響き渡ると同時に、波打つような振動が始まりました。

「あかん……」

スピードを落とします。振動はどんどん大きくなります。

「これはホンマにあかんやつや……」

ハザードランプを点け、あわてず静かに減速して路肩に寄せました。場所は府中競馬場のあたり。ちょうど退避場所のない区間でめっちゃ怖かったですが車外に出てJAFに電話(高速道路上で止まる時は車内にいちゃダメです)。

高速道路上ではなにもできないので車載で運んで調べてみますと、こんなんなってました。

CA3I0079.JPG

左フロントタイヤのバーストのようです。この日ハンドルが左に取られていたのは空気圧の異常低下が原因。そのまま走り続けたためにバースト、ということでしょう。この数日前に左フロントを縁石に軽くぶつけた記憶があるので、その時にサイドカットしていたものと思われます。

他人を巻き込むような事故を起こさずに済んだのは不幸中の幸いでした。4本のタイヤのうち1本が完全にオシャカなのに何事もなかったように運転できたエボワゴンの性能と、「ヤバい時こそ急ブレーキも急ハンドルもダメ」という身体にしみついた習慣のおかげです。バーストに至る前に空気圧の異状に気づけなかったのは恥ずかしい限りですが……。

タイヤはもちろん買い替え。夏タイヤと冬タイヤを8本同時に注文したのはこれが初めてです。金が……。

みなさま、運行前点検は欠かさずに。

【「機材車」カテゴリの最新記事】
posted by Gyochan at 23:12 | Comment(2) | 機材車
この記事へのコメント
危ないのぅ わしもある。 詳細は
http://blogs.yahoo.co.jp/gogo7201080/38894058.html

Posted by 前転 at 2016年01月12日 16:26
前転さん

トラック挟み撃ちで詰むのはぞっとしますね……

スポーツカーは(最悪の場合)急加速して隣のクルマの前に出ることもできるので、普通のクルマより危険回避の選択肢は少し広いですが、とっさの判断がそれができるかというとあやしいです。

笹子トンネルの事故で天井が落ちてくる中アクセルベタ踏みで逃げ切ったドライバーはほんとすごいと思います。
Posted by gyochan at 2016年01月12日 18:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: