2015年01月21日

Rに慣れる [day 15]

週末、ビジネスホテルに泊まっていてふと思ったのですが、ビジホにある有料チャンネル用のリモコン、実はあれ、きわめて不衛生なモノなのではないかと。使われるシチュエーションを考えると。あっち握ってこっち握って、ですよ?

「消毒済み」のカバーはあのリモコンにこそ必要な気がします。

私? 使ったことありませんよ! もちろん! ホントだってば!

毎度。俺です。

週末は泊まりでヒトリフトでした。土曜日は湯の丸

0101

こののれんほしい

湯の丸を選んだのは、facebookで4ゲレの常設ポールがオープンしたとの情報を得たこともありますが、もうひとつ大切な目的がありました。先日知人から譲り受けたGS板(六号機・FISCHER WorldCup GS)のシェイクダウンです。

私は新しい板を手に入れた時はまず湯の丸に持ち込んで理解を深めることにしています。湯の丸はもろもろ好適な条件を備えていて私がリファレンスにしているスキー場なのです。要するに滑りやすくて滑り慣れているので新しく手に入れた板の特性を私でもつかみやすい。

湯の丸は土休日はリフトが7:30から動きますのでがんばって早起きして行きましたよ。この時間帯、お客さん全然いませんね……。ほんの数名でスキー場貸し切り状態です。

午前中は入手後5日ほど滑って感じがつかめてきた伍号機 FISCHER WorldCup SL で足慣らし。湯の丸であまりチョコマカ滑るのは自分的には本意でないのですが、まずは3ゲレを1本(私がファーストトラック)、カモシカコースで6ゲレに移動(こちらもファーストトラック)。

0102

3ゲレ、ファーストトラックいただき!

0103

6ゲレもいただき!

0104

これが六号機

6ゲレは距離が長くてリフトも高速なので湯の丸で一番人気のバーン。混みあう前にガンガン回して体を温めます。ノーストックのエクストリームカービングもどきをウォーミングアップに採り入れるとよく体が動くことがわかったのでやっておきます。これ、習慣にしよう。ポジション的にはちょっと混乱するんだけど。

9時の常設ポールオープンにあわせて4ゲレに移動、リフト小屋で1,000円払ってゼッケンをもらいます。湯の丸の常設ポールはタイムチャレンジャーに100円払わないと滑ってはいけないのですが、小屋でゼッケンをもらえばフリーパスになります。いや1,000円払っているのでフリーではないですが。

この日の常設ポールバーンは降雪続きで雪がやわらかく、しかも常設ポールを滑る人数がなんだかやたら多かったのでどんどん掘れていきます。途中で自発的にデラをかけたり(ほかの利用者も協力してくれればいいなと祈りながら)、フリーに戻ってポジションの確認をしたりしながら、基本的にはずっと4ゲレでポールを滑りました。

以前は掘れているポールバーンは怖くてしかたなかったのですが(コブ斜面のように発射してしまう)、今はあまり気にならなくなりました。自分のラインと微妙に違うと気持ち悪いな、くらい。これの超絶こまかいのが溝コブだと考えれば、同じ滑り方で溝コブ滑れちゃうのかな……それは考えが甘いか。

午後はいよいよGS六号機に履き替え。昼休みで人の減った6ゲレに戻って流します。

やはり最初は全然エッジに乗れない、バランスがとれない。SL板と同じ調子で傾こうとするからで、遠心力がすぐには返ってこずに内側に倒れそうになります。もっとやさしくゆっくりと、ひねらずにスキーをタテに進ませないと自分向きの力が返ってこないようです。

GS板って回旋にデリケートな板なのだなと思いました。長さのせいでしょうか。160cmの板を回旋するのと180cmの板を回旋するのとでは、受けるズレ抵抗の大きさもだいぶ違うだろうなということは想像がつきます。

午前中SL板でくぐっていた常設ポールにも入りました。しかしSL板のイメージのまま滑ろうとすると、ターン弧もタイミングもまるっきり合いません。フリーとポールを交互に滑るうち、徐々に澄んだカービングがつながるようになってきました。ああ、GS板はSL板よりずっとテンポを落とさなければいけないのだとやっと気づいたわけです。

すると、ポールの中のラインが全然違って見えてきました。なんだ、どこ滑ってんだ俺。こっちだろ、こうだろ。ここから倒して、通るのはここ! ターン弧が大きいのでクリッピングポイントから逆算するとターンの仕掛けはずっと手前になり、ラインじたいが縦長になります。

ああ、以前に誰かから言われた「Rに慣れる」とはこのことを言うのか。

それでは、と試みにポールに当たってみることにしました。今まで滑走スピードでポールに当たったことがないのですが、とにかくポールにばちんばちん当たれるようにならないとみんなと同じ土俵に立てませんから、いつかは会得しなければいけません。この日は普通のスキーウエアだったのでビビります。

いいラインに乗ったのを見計らって……肩から……今だ「ゴン」

痛っっっって〜〜〜!!!

むっちゃ痛いやないか!!!!

もう次のポールに当たろうという気は失せていました。これはちゃんとしたプロテクターを着けてないと肩でジャストミートは絶対無理だぞ。いいタイミングといいラインで当たるほど痛い、きっと。ポールに触れないベストラインで滑るなり、ストックに当ててしゃなりと振り払うなりしないと死ぬ。たしかワンピには肩にパッドが入ってたけど、あんなものは気休めにしかならないであろう堅さでした。

そんなことをして遊んでいると、気づけばパトロールがポールの撤収作業を始めていました。ひさしぶりにオープンクローズ、やってしまいました(実は途中で吹雪のために一時間近く休憩したりもしているのですが)。

12月のかぐらで初めて伍号機を使った時はものすごく疲れたのですが、遠心力の強い競技板なりの乗り方(というか手の抜き方)がわかってきたのか、この日は一日元気に滑ることができました。まあ、湯の丸のバーンがやさしいというのが一番大きな理由でしょうけれども……。

楽しく滑っただけってことか……。

【「スキー」カテゴリの最新記事】
posted by Gyochan at 20:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
うまくなってそう、、、見てないけど

>> 遠心力の強い競技板なりの乗り方(というか手の抜き方)がわかってきたのか

たぶん、軸を作るというのが体感できてきたのでは?
Posted by かいぞー at 2015年01月21日 20:14
ポールに当たるよりも

ポールに当たるよりも、傾くだけのスペースを作るために必要な分ポールから離れることのほうが大事だったりします。
Posted by かいぞー at 2015年01月21日 21:03
Re:ポールに当たるよりも

>かいぞーさん
>ポールに当たるよりも、傾くだけのスペースを作るために必要な分ポールから離れることのほうが大事だったりします。

確かに、スペース作り損ねて、ヘルメットぶつけてるもんなぁ…、俺。
Posted by KNJ at 2015年01月21日 23:26
Re:Re:ポールに当たるよりも

>かいぞーさん,KNJさん
少々、禅問答ちっくになってきましたが……。
もう少し低い次元で言うと、迫りくるポールが怖くてフリーの時のように大胆に傾けていないので「心の余裕」のぶんだけ大回りしたほうがいいかなとは思ってます(笑)。
Posted by gyochan at 2015年01月22日 10:53
Re:Re:Re:ポールに当たるよりも

>gyochanさん
禅問答続けるなら、やっぱり当たり慣れるのが一番。私の場合、たまにポールに当たると「当たれた!」と喜んでしまい、次のターンが遅れるというのを10年近く繰り返してました。
やっと、最近になって、当たっても当らなくても、同じように次のターンに入れるようになりました。

あと、ワンピのパッドは、結構有効ですよ。特に最近のは堅めの素材を使っているので、肩とか腕の外側を当てている分には、それほど痛くありません。ラリアット喰らわしてしまうとダメージ大きいけど。
Posted by KNJ at 2015年01月22日 11:30
Re:Re:Re:Re:ポールに当たるよりも

>gyochanさん

ポールが怖いのはラインがまっすぐすぎるとか、ラインが低いからです。もっと上から入れば怖くないですよ。
2/3ぐらいターンが終わったところでポールにあたるぐらいの気持ちでちょうどいいですよ。

文字になった感覚はよさそうだから、週末に滑りを見るのが楽しみです。

>KNJさん
KNJさんが、当たっても当たらなくて同じよう次のターンに入れるようになったのは、格段にラインが高くなり、加重のタイミングが早くなったからです。慣れだけではなくて、技術的な裏付けもあります。
たぶん、昔より大きく回っていますが、クリッピングポイントは適正化されているため、結局今の方が速いでしょうね。
Posted by かいぞー at 2015年01月22日 21:57
Re:Re:Re:Re:Re:ポールに当たるよりも

たしかに、ターン後半のいちばん外向傾が強まったタイミングなら、上半身はポールとは反対の方にかがんでいますから、ポールに触らないと決めて滑る場合でもそのタイミングでポールを通る(高いライン)のほうがずっと有利ということになりそうですね。

つうかもうあさってじゃないですか。緊張ですでにテンパッてるんですけど。
Posted by gyochan at 2015年01月22日 23:01
Re:Re:Re:Re:Re:Re:ポールに当たるよりも

>gyochanさん

大丈夫です。
なぜなら今年はポイントに関係ないからです。
プレッシャーは来年から感じてください!
今年は純粋に自分との戦いです!

でも、ブロワーといえタイム計った経験あるのは強いですよ。
Posted by かいぞー at 2015年01月23日 00:23
Re:Re:Re:Re:Re:Re:ポールに当たるよりも

>gyochanさん

ラインの考え方はそれで正解です。
あとは実際に滑って車幅感覚を合わせてください。
Posted by かいぞー at 2015年01月23日 13:14
滑りを見せていただきました!

エッジに乗る感覚はつかめていましたね!
真ん中に乗り続けられるようにすれば、もっと楽に速く切替えられるようになりますよ。
Posted by かいぞー at 2015年01月26日 07:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118831365

この記事へのトラックバック