2014年10月23日

また予言が的中してしまった……。

毎度。俺です。

先日、このブログの「Emondaが軽すぎるワケ」と題した記事の中で

もしかしてトレックはUCIが近いうちに最低車両重量規定を見直すという確かな情報をつかんでいるのでは

と書きました。明らかにUCIの重量制限など度外視したトレック・エモンダの車重設定に違和感を感じたからです。

どうもこの予想は的中していたっぽいです。UCI理事長のダニエル・クックソンが最低重量規定についてかなり踏み込んだ発言をしているのが報じられているのです。もっとも、この記事をもってトレックがあらかじめそれを知っていたとはまったく断言できないのですが、ありそうな話です。

英語が苦手な日本人程度の英語力しかない私ですが戯れに記事を全訳してみました。必ず誤訳がありますのでよそでの引用は禁止です。

クックソン「6.8キロの車重制限よりも技術は進歩した」

元記事:http://velonews.competitor.com/2014/10/bikes-and-tech/cookson-technology-has-moved-on-from-6-8kg-weight-limit-on-bikes_349994

現UCI規定が課している6.8キロ(14.99ポンド)の重量制限は今や薄氷の上にあるが、まだ踏み抜いてはいない。

「そもそもこのルールができたのは技術の進歩があったからだと思っていますが」UCI理事長ブライアン・クックソン氏はVeloNewsの電話インタビューに答えた。

UCI認定競技で使用される完成車の最低重量を6.8kgに制限するという現在のルールは、「ルガノ憲章」の一部として制定された。この規定は1997年初頭に作られ、今もUCI技術規定のベースになっている。この重量制限ルールは時代遅れで不要なものだと自転車業界では広くみなされている。制限以内の重量で業界標準の安全試験にパスするような自転車を作れるまでに成形技術が進歩したからだ。

今すぐこのルールが全面的に見直されるというわけではないが、現在進行中の現規定の再構築作業には含まれてきそうだ。

「重さから判断するのは雑なやり方です。今ではきわめてたやすく6.8kgを切るマシンを作れますから」とクックソン氏。「私はこのルールをすっかり撤廃してしまうつもりはありません。強度がいちばん重要であり、私は自転車がライダーを乗せたまま壊れるのを見たくはありません。クラッシュでいやというほど見ています。なので、ホイールとフレームの強度について、そして車重が意味するところを望遠鏡の反対側から覗いてみようというわけです。」

どんな変更もゆっくりと慎重に行われるだろう。重量制限をルールからなくすとしたらそれに代わる安全基準が何かしら必要になるし、重量制限を引き下げるにしても、それをどこまで引き下げてよいか判断するには近年の部材の詳細な強度分析が必要だ。

「あらゆるルール修正は突然の変更ではなくスムーズに移行することを目指して行われるでしょう。私がそうしたいだけですが、メーカーやチームも同じ考えだと思っています」UCI機材委員のドミトリス・カツァニス氏は今年初頭VeloNewsにこう語った。

強度や安全性テストの進歩によって、おそらくUCIのフレーム認証プログラムはフレームとホイール両方の安全性テストを含めるよう拡張されることになるだろう。現状、このプログラムで競技フレームに問われるのは、形状とジオメトリがUCI規則に適合しているかどうかだけだ。

UCIはすでにしかるべきホイールテストを行っているが、6.8kgルール同様に、メーカー側は無用の長物だとしょっちゅうからかっている。UCIのテストは、ホイールに大きな重しを積んで走らせどのように壊れるかを(壊れるかだけでなく、どのくらいの力なら壊れるか、壊れたホイールがどう見えるかも)試験する。このテストが嘲笑されるのは、そもそも事故の防止ではなく事故の結果のほうにフォーカスしている点だ。

組織がホイール承認プログラムを早急に実施するとアナウンスしたのは2012年のことだが、このプログラムはいまだに具体化していない。

現在の欧州委員会標準よりも厳しい安全手続きを実施することは、複雑で、そしておそらくかなり金がかかるだろう。しかし、クックソン氏の強度へのこだわりにはまだ他のオプションがいくつか残されている──もちろん、6.8kg制限を据え置くというのは論外として。


噴飯モノの訳ですみません。間違いはコメントにてご指摘ください。

posted by Gyochan at 21:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
とりあえず、

イーモンだ。

(何かしらコメントせねばと脅迫概念にかられて)
Posted by ぷるるん男爵 at 2014年10月24日 09:26
Re:とりあえず、

>ぷるるん男爵さん
サザンの『バイバイ・マイ・ラブ』ですね。違いますね。
Posted by gyochan at 2014年10月24日 10:27
UCI規定の本当の目的

先刻ご存知かも知れませんが:UCI規定の自転車形状・重量のレギュレーションは、当時の技術水準に則って「安全性の為」に決められた…というのは表向きの理由で、実際は欧州の自転車産業(老舗工房)を保護するための施策だったようです。ファニーバイクやカーボンフレームは大資本が無いと作れませんから、小さな会社ではとても作れなかったんですね。
今では世界中の競技用自転車の大多数が台湾で作られるようになり(同じ工場で複数のブランドのバイクが作られていたりします)、産業構造が変わってしまったので「欧州メーカを守る」という事情が有名無実化してしまったのですね。あと、米国と台湾の大手ブランドがUCIに強く働きかけたこともあるでしょう。
UCIってIOCと良い勝負で不透明な組織なので、一部メーカからの実弾(笑)によってレギュレーションを変える方向に向いて来た可能性も否定できません…が、本当のところはどうなんでしょうね。
Posted by Yuu-Chang at 2014年10月24日 20:08
Re:UCI規定の本当の目的

>Yuu-Changさん
毎度コメントありがとうございます!

ヨーロッパの自転車産業保護という名分、非常にうなずけます。なるほど〜。競技規則以外でも「自転車競技はヨーロッパのもの」という意識は(だんだん薄まってきたとは言え)ありそうですので説得力を感じます。

私は、知っていたというか、誤解をしていた感じです。

マシン開発にお金がかかりすぎて金持ちチームと貧乏チームで使うマシンの性能に差が出てしまっては、競技としての公平性が保てなくなり、そればかりか参入障壁にもなるので、それを抑制する意味もあるのかな、というふうに私なりに感じていました。

F1GPのレギュレーションにはこういった性格がありますよね。そういえばF1は欧州のもの、という意識も似ていますね。
Posted by gyochan at 2014年10月24日 21:38
Re:Re:UCI規定の本当の目的

>gyochanさん
早速のレスどうもです!

機材費は年々増しており、チームの財政力の差は以前よりも出やすくなっていると思います。世界最高のバイク、2000年位までは1台50万円位で買えましたが、今では150〜200万円(あるいはそれ以上)ですよね。これ、物価変動や為替レート変動以上の差です。金持ちチームは各選手に何台ものスペアバイクを準備出来ますが、貧乏チームは幾つかのサイズのスペアバイクしか準備できず、複数選手でスペアをシェアしています。ジャージ色に合わせてバイクを何台も準備するなんて、金回りの良いチームだけに許された贅沢です。元々、勝てるチームじゃないとカネが集められない、という資本主義的システムなのですけどね。

バイク(トップエンド品)が高価になったのは、カーボンが使われるようになったから。特に大きいのが金型費(材料費だけならばフレーム1本数万円の前半)。モノコックフレーム(接合部無し)だと、金型1組がン億円と聞きます。これを各サイズ準備出来るのは大規模メーカだけ。資本力の無いメーカは金型費用を抑える為にフレームを分割して(安い小型の金型で)成形し、これらを接合して1本のフレームにしています(欧州品によく見られる構造)。でもこれ、後工程は増えるし販売数も少ないしで1台当たり償却費も大きくなり、フレーム単価は同じ位になっちゃう。こうなると、売れるメーカほど原価が安くなるという数の論理がテキメンに効いてきます。今のところ、早いうちにカーボンフレームを数多く出したTREKとすぐ追随したGIANTの2社が勝ち組でしょう。

ちなみに金型に費用がかかることは、サイズの刻み幅にも如実に出ています。クロモリやアルミだと5〜10mm刻みなのに、カーボンだと20〜25mm刻み(あとはシートポストとステムで差を吸収しろっていう設計)。これは金型を減らす努力の結果です。

※カーボン製のローエンド品(フレーム単価10〜20万円程度)は台湾ですら作られておらず、中国製が多いとも聞きます。しかも、複数メーカで1組の金型をシェアしたり他メーカの古い金型を使ったり、コスト削減の涙ぐましい努力が見られます(ショップブランドのカーボンフレームは大抵コレです)。

以上、ご参考まで。

あ、書き忘れていました。予言ビンゴおめでとうございます♪
Posted by Yuu-Chang at 2014年10月24日 22:53
Re:Re:Re:UCI規定の本当の目的

>Yuu-Changさん
ありがとうございます!!

す、すごいウンチクをお持ちですね……。
じっくり読みました。圧倒されました。勉強になります!! 情報の質・量ともに本文がコメント欄に完全に負けてますね(笑)。

いただいたコメントには、だいたい同じくらいの文字数でお返事を返すようにしているんですが、これは無理だ(笑)。

私個人はといいますと、今乗っているアルミバイクが好きなもんで、次にフレームを買うことがあるとしてもまたアルミかもしれないです(カーボンの乗り味を知らずに言ってますが)。
Posted by gyochan at 2014年10月24日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118831347

この記事へのトラックバック