2014年02月13日

大自然にもほどがあるニセコ(1) [day.24〜26]

毎度。俺です。

雪仲間S夫妻に誘われて北海道ニセコに行ってきました。

人生初北海道!

大学時代から20年以上のつきあいになる雪バカのS君はこれまでにも何度もこのブログに登場してもらっていますが、彼はニセコのオフピステが大好きで年に何度も通う惚れ込みよう。前々から「いつか一緒にニセコに行くぞ!」と誘われていて、それがやっとかなった次第。

日程は2/7(金)〜2/9(日)の2泊3日(金曜日は有休をとりました)。首都圏では土曜日にドカ雪が降ってたいへんだったようですが、うまいことかいくぐる結果になりました。

朝早い飛行機で羽田から新千歳へ。そこからバスでニセコグランヒラフまで2時間ほど。お昼には宿泊先のホテルニセコアルペンに着いていました。遠いような近いような

さて、ニセコについて。

ニセコニセコと言いますが、ニセコアンヌプリ山(標高1,308m)の東側全域に4つのスキー場が広がった広大なスノーエリアのことを全部ひっくるめてニセコと呼んでいるようです。要するに、でっかい山の片側半分が全部スキー場なのですね。

コース図

ニセコはでかすぎて全山コース図ともなるともはや何がなにやら

4つのスキー場はそれぞれ山頂付近で連結していて、相互に滑り込みも可能です。北から「ニセコ花園リゾート」「ニセコマウントリゾートグランヒラフ」「ニセコビレッジスキーリゾート」「ニセコアンヌプリ国際スキー場」の4つ。全山リフト券ならすべて自由に滑れますので独立したスキー場というよりエリア分けのような感覚でしょうか。

エリアとは言いましたが、ひとつのエリアだけでも本州の小さなスキー場なら3つ4つ軽く呑み込んでしまうほどの規模があります。それが4つ並んでるわけで、まずその広大さにびっくりです。おそらくニセコの全容を一望しようと思ったらお向かいの羊蹄山に登って眺めるしかないでしょう。

僕の尊敬するゴズロフさんのブログにちょうど同じ日に羊蹄山から眺めた写真がアップされていましたので敬意をこめて無断転載します(笑)。よ〜く見れば私たちも写っているはずですよネ……。

ニセコアンヌプリ全景

羊蹄山からのニセコ全景。ちょうど羊蹄山側の山肌全面がスキー場になっている

さて、ニセコの特徴は馬鹿でかいことだけではありません。

むしろ一番の特徴は「ゲート」にあると言ってもよいでしょう。

我々の慣れ親しんだスキー場はコース外の滑走が厳しく禁止されています。それはニセコも同じなのですが、ニセコの場合、条件が整うとスキー場外縁の数カ所に設けられたゲートと呼ばれる場所で規制ロープがオープンし、そこから山頂や隣接する林の中へ出て行くことができるのです。

ゲートからニセコアンヌプリ山の山頂までハイクアップして、スキー場の北側に広がった広大無辺な斜面を滑降するもよし、満々とパウダースノーをたたえた林の中を、樹々を縫ってツリーランするもよし。本州のスキー場ではまず楽しめない、ワイルドなサイドカントリー滑走を楽しむことができます。もちろん、その後ちゃんとスキー場管理区域内に戻ってくることができます(迷子にならなければ)。

ゲート図

9つのゲートが設けられ、天候などの条件・状況によって開くゲートが決められる

ただし、スキー場がゲートを開けたからと言ってそこから先で発生した出来事にスキー場が責任を持ってくれるわけではありません。ゲートが閉じているのは「出たら死ぬよ」という場合であり、ゲートが開くのは「死なずに戻る自信があるならスキー場も止めはしないよ」という場合です。要するに開いてる時は出ても構わないということなのですが、それはすなわち何かが起こっても構ってもらえないということでもあります。

今回、ゲート外の滑走経験が豊富なS君がガイド役になってくれたので私は死なずに戻ってくることができましたが、とてももう一度ひとりであそこへ行く勇気はありません。死ぬか命を落とすかのどちらかだろうと思います。だって、簡単に死ねる場所だらけでしたもの。

ニセコのアウトラインを紹介するだけでずいぶん字数を使ってしまいました。

続きはまたいずれ。

【「スキー」カテゴリの最新記事】
posted by Gyochan at 23:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
北海道は珍しい程晴れでしたね。

こんばんわ、ゴズロフです。
( ゚д゚ ?).....??アレ??
どこかで見た写真だな…と思ってみたら…。

尊敬なんてしてなくて良いですので、愚痴ブログを見て頂いきありがとうございます。

もうちょっとカメラが高性能だったら、遠距離撮影で「俺」さんの姿を上手く撮れたかもしれないですね・・・残念です。

ニセコアンヌプリの雪崩でシンだら掘り出すのはパトロールの方々ですので、事故を起こす事が禁止事項です。
怪我人を救助する為に、救助ソリを延々とトラバースするパトロールさん達を見ると申し訳無い気持ちになります。

また北海道にお越し下さいね。
Posted by ゴズロフ at 2014年02月14日 21:23
Re:北海道は珍しい程晴れでしたね。

>ゴズロフさん
はじめまして!
勝手にお名前とお写真使わせていただいてすみません、ありがとうございました! いつも楽しくブログ読んでます!

「こんなに降らないのは珍しい」と地元の方もおっしゃっていました。フレッシュパウダーを味わえなかったのが残念ですが、金土日とずっと眺望が素晴らしかったのでおあいこです(笑)。うちに帰って写真を整理したら、羊蹄山の写真だけで何十枚もありました……。

「事故を起こす事が禁止事項」、なるほど、おっしゃる通りだと思います。ニセコは真剣に自然と向き合って遊ぶところだなと思いました。修行して、また出直します!

今後とも、よろしくお願いします。
Posted by gyochan at 2014年02月15日 11:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118831281

この記事へのトラックバック