2013年12月16日

雪山道を走る

会話の中に「スーパー銭湯」っていう言葉が出てきたら、「えっ、何パーセント?」っていいタイミングで聞き返すことにしています。

毎度。俺です。

いよいよシーズンインしまして、週末ごとにスキー場へとクルマを走らせる季節がやってまいりました。

初回の湯の丸スキー場へのアプローチがさっそく雪山道でしたよ。アサマ2000のチェリーパークラインほどの凶悪さではありませんが、湯の丸高原へ登る地蔵峠もこのあたりでは雪山道が険しいことでよく知られていますね。

チェリーパークライン

凍結する今冬のチェリーパークライン
(アサマ2000公式facebookページより加工転載)

ちなみに私の機材車は国産市販車史上最強のライトバン、エボワゴン(GT-A)。

2012年2月に調達して1シーズン半と稼動実績はまだ短いですが、端倪すべからざる雪山道走破性をすでに何度も見せつけてくれています。四輪駆動に235mmという太いタイヤ低重心、きわめつけが前後駆動輪の直結率をコントロールするACDActive Center Differential)という電子制御機構。これらのおかげで目下のところ雪山道では敵無しです(馬力やトルクはこの場合それほど重要な要素ではありません)。

エボワゴン

頼りになる相棒

悩みがあるとしたら、ほかのクルマとペースが合わないことですかね……。

私とて特に運転がうまいわけではなく、雪道を走るときもチャレンジングな走り方などせずにたっぷりと安全マージンをとった運転を心がけています。つまりおとなしく走っているつもりなのですが、それでもクルマの性能のおかげで、自然とFFミニバンなどよりは平均速度が少し速くなってしまうのです。

たいていは前を走るクルマに追いついてしまい、よきところで道を譲ってもらって先に行かせてもらうのですが、どーしても道を譲ろうとしないクルマってたまにいますよね。

「そんなスピードじゃ逆にダメでしょ」っていうくらいの速度でノロノロ走っているクルマの場合は、きっとほんとに雪道運転が苦手で、運転にいっぱいいっぱいで後続車に道を譲ることなどそもそも考える余裕すらない、あるいは停めたり寄せたりすることすら怖いのでしょうから、よきところで対向車線に出てやさしく追い越してあげればよいですが、微妙に遅いケースが困りもの。

譲ってほしいなと感じる程度に遅いが、強引に追い越すには危険な程度の速度差。それなのにいくら待っても道を譲ってくれる気配がない、という時。

私は雪山道で前走者に追いついてしまっても車間を詰めるということは基本的にいたしません。「単純に危険」「プレッシャーを与えたくない」「双方が譲りやすい・追い越しやすい」といった常識的な理由で、バックミラーで私が追いついたことを確認できる程度の車間をキープするように心がけています。

この広い車間がかえって誤解を与えているのかもしれませんね。まだ俺は追いつかれてないもんね、とか、あいつ抜く意志がなさそう、とか思われている気がします。しかしこうした誤解を避けるためにとれる方法といったら煽るとかパッシングをするといった下品な意思表示しかないわけで、それは私の美意識が許しません。しかたなく、タバコに火をつけつつ山頂までおつきあいする腹を決めるわけです。

何かこう、相手に不快感を与えずに道を譲る気にさせるよい意思表示方法はないものでしょうかね……。

【「機材車」カテゴリの最新記事】
posted by Gyochan at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118831261

この記事へのトラックバック