2013年10月31日

まずまずの滑り出し! スキーだけに! [day.1]

例年のように、有休とって狭山で初滑りを敢然と敢行してきましたよ。

せめてひとなみに。-狭山は

狭山はひと足先に、“冬”はじめます。

例年と違うのは、今年はいっしょに滑る仲間がいること。

今日の狭山にお誘いいただいたブログつながりの 夏蜜柑さん、夏蜜柑さんのお友達のヤス氏、そして私のブログにコメントをくださったこともある みゃ〜ごさん という4名でワイワイ初滑りとなりました。

みなさん上手で、しかもスキーのことを語り始めると熱い! 休憩しててもリフト待っててもゲレンデの中腹でもひとたび技術談義が始まると止まりません(笑)。あたくしはどっちかというとそれをポカーンと口開けて聞いてるしかできないので、「どうぞごゆっくり……」とひとりでリフト乗り場に向かうことも何度か(笑)。

せめてひとなみに。-初号機

初滑りのお供は例年通り初号機。

今年も滑る前は「初滑りの一本目はプルークと横滑りから慎重に、スピードに目と身体を慣らしていって……」と考えていたのですがゲレンデトップに立ってしまうと案の定そんな心づもりはどこかへ消し飛んでしまい、

ヒャッホォォォォォォォォウ!!

とばかりにチョッカリからの一本目になってしまいました。堪え性というかですね。自制心と申しますかですね。節度とも言いますが。半年待たされたらもうそんなもん知らんですね。

半年ぶりなのにいきなりまっつぐゲレンデに突っ込んだりしたら当然まともに滑れるはずもなく、いやシーズン中だって必ずしもまともに滑れちゃおらんのですが、それはともかく、狭山の重たく荒れたフラッペバーンに何度も足をすくわれて

「おっと! おっと!」

となりながらの一本目でした。何本かはそんな調子でしたね。平地の生活が半年続いたので、上下動がどうしても鉛直方向になってしまうのです。後傾。しかし去年・おととしの初滑りと比べると明白に感覚の戻りが早い。ド後ろだったポジションがだんだん前に出てきて、午後にはあともうちょいというくらいのところまでこぎつけられました。

これはなかなかよい滑り出しと言えそうです。

おつきあいいただいた皆さん、ありがとうございました。

【「スキー」カテゴリの最新記事】
posted by Gyochan at 01:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
お疲れ様でしたニャ♪

「ネコ科パン食動物」のみゃ〜ごです。
昨日は、ドタ参させていただき、ありがとうございました。
また、よろしくお願いしますニャ
≪追伸≫
ランエボのワゴンにお乗りですか!
イイっすね('-^*)/
Posted by みゃ〜ご at 2013年10月31日 13:40
Re:お疲れ様でしたニャ♪

>みゃ〜ごさん
こちらこそ、お仲間に入れていただいて楽しかったです。賑やかで楽しい皆さんでうれしかったです。
エボワゴンに反応していただいてうれしいです。自慢で自慢でしかたない愛車でございます! ATですけど!
Posted by gyochan at 2013年11月01日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118831234

この記事へのトラックバック