2013年06月18日

自転車のカロリー消費は異常

2chのどこかに、「自転車のカロリー消費は異常」っていうタイトルのスレッドがあって、読んでみると書いてあるのは我々自転車乗りには当たり前のことばかりなのだけれど、でも自転車乗りじゃない人々はみんなその「異常さ」をたぶん知らないよね、と思った。

異常なんですよ、本当に

「ダイエットしなきゃな……」とぼんやり考えている全国のメタボおじさんに、サイクリングという行為の異常な燃費の悪さを、私は今、ぜひ伝えたい!

どのくらい異常かというと、たとえば午前中いっぱい楽しくサイクリングして帰ってくる。これだけで三度の飯をほぼ台無しにできます。

つまり私が時速20キロくらいの軽めの負荷で4時間走ると、だいたい1日の基礎代謝に匹敵するエネルギー(2000kcalあまり)を消費してしまえるのです。強めの負荷(時速22〜25キロくらい)ならこれが3時間に縮まります。

朝出て夕方戻るくらいのロングなら、ゆうに3000kcalは消費してしまうでしょう。途中でメシは食べるでしょうが。

コンビニで弁当やおやつのカロリー表示を見つめて脂汗を流した経験があるならば、この2000や3000という数字がいかに異常な値かおわかりかと思います。ちなみに3000kcalは、ランニングなら市民ランナーがフルマラソン(42.195km)を走るよりも大きな数字です。

ふつうの市民ランナーならばフルマラソンを走るのなんていいとこシーズン2、3回ですよね。42.195km走れば身体じゅうにダメージも来ますし、慣れない人ならそのダメージは数日尾を引くでしょう。そもそも、これからダイエットしてみようと考えているメタボおじさんにフルマラソンはハードルが高すぎます。

私が強調したい自転車の異常さはここです

自転車ならば、一介のメタボおじさんでも、フルマラソンレベルの運動をなんなら毎週末しかも楽しくこなせてしまうのですよ。ランニングでこれができますか? ジムでこれができますか? スイミングでこれができますか? いや、スイミングはできそうだな。

自転車は、慣れてくると心肺だけでどこまでも走れるようになります。筋肉や関節にほとんど負担をかけずに、それでもしっかりとカロリーは消費できる運動ができるのです。心臓も肺も筋肉痛になりません。つまり翌日に響かない。それどころか、心肺は使えば使うほど性能が上がっていきます。

自転車に慣れるにしたがってカロリー消費量は加速していきます。走る時間が長く、運動の強度も強くなっていくからです。一度に2時間以上走るようになると、走りながらの補給すら必要になってきます。4時間、6時間と走るようになるとその間に何度もエネルギーを補給しなければ走り続けることができないくらです。

ハンガーノックという言葉をご存知でしょうか。登山をされる方ならシャリバテという言葉を聞いたことがあるかもしれません。難しい理屈は省きますが、体内の糖質やグリコーゲンといった「チカラの源」をすべて使い切ってしまって、まったく体が動かなくなることをハンガーノックと言います。

そして、「ハンガーノック」というキーワードでネットを検索すると、ヒットするのはたいていアホな自転車乗りのブログです(笑)。

みなさんハンガーノックを体験しておられる。私も自転車に乗るようになって二度ほどハンガーノックを経験しています。楽しく自転車に乗っていると気づかぬうちにいつの間にか大量のエネルギーを消費していて、うっかり補給を摂り忘れるとたちまち動けなくなるんです。ほかのスポーツでは運動中にガス欠で動けなくなることなど普通は考えられませんが、自転車ではわりとあっけなく起こりうることなのです。異常でしょう?

全国のメタボおじさん諸兄に告ぐ。

自転車でムダにエネルギーを消費しまくりましょう。

【「メタボリック」カテゴリの最新記事】
posted by Gyochan at 22:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | メタボリック
この記事へのコメント
いいですね!

お疲れ様です。

メタボの最前線の僕としましては、自転車ほど知識、美的センス、好奇心を満たしてくれるスポーツはないと思います。

おっしゃるとおり、カロリーは凄まじいですよね。

先日の僕のライドも計算間違ってて結局4000キロカロリー近く消費してました。

ハードルは高いと思いますが、是非ともメタボな人ほど自転車乗って欲しいですね!
Posted by ぷるるん男爵 at 2013年06月18日 23:11
Re:いいですね!

>ぷるるん男爵さん
お疲れ様です(笑)。

男の趣味ですよね。ウンチク、こだわり、メカ、ドレスアップ、DIY……男子がハマる要素てんこ盛りですもんね。

初期投資のハードルが高いのは事実ですが、カロリー消費効率=減価償却率と考えれば、実は投資対効果もそんなに悪いほうじゃないと思います。
Posted by gyochan at 2013年06月19日 10:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118831197

この記事へのトラックバック