2013年02月21日

俺は時機を誤ったか

会社にいてもスキーのことが頭から離れず仕事に集中できません。作業の手を休めて(=気を散らして=サボッて)つらつらとネットサーフィンしていたら、

来季は教程が大きく変わるらしい

との情報にぶちあたりました。その記事によるとさらに、

マッドサイエンティスト市野聖治やその取り巻きは左遷され、次の教程には絡まない

とも。そして、

いよいよ外向傾が復活するかもしれない

と。

なんだよそれならそうと早く言ってくれよ(その記事は去年の秋だったけどさ)。おれ内足主導の練習に何日間費やしたと思ってんの。いや1級とかプライズとかを真剣に目指してる人たちに比べりゃぜんぜん微々々々々たる日数ですけども……。

でも教程がふつうになると知ってたら検定に挑戦するの来年にしてたよ……。

次の改訂でどれほど変わるのかは次期執筆陣と組織トップの腹のくくり方しだいでしょうけれども、メンツを重んじる組織のことですから、きっとじわじわと少しずつ軌道修正していく感じになるのでしょう。こんだけ力説しまくった内足主導を今さらやめましたともなかなか言えませんわな。

まあ教程の改訂それじたいは本書いて指導員研修すれば済む話。たいへんなのは、SAJが十年かけて市野理論普及につとめた結果ヘンテコなクセを真面目にキチンと身につけてしまった数千だか数万だかの一般スキーヤーたちをふたたびふつうのスキーに導き直すことです。これは大仕事だと思いますよ。私はまだそこまで深入りしていませんでしたしもともと外向傾大好きなので影響軽微ですが。

【「スキー」カテゴリの最新記事】
posted by Gyochan at 00:34 | Comment(10) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
訴訟

アメリカなら レッスン料 払い戻しの 訴訟されるよね!
Posted by 前転 at 2013年03月03日 10:18
Re:訴訟

>前転さん
大学の入学試験でいきなり例年と出題傾向がガラッと変わっても受験生が文句を言えないのと同じように、教程がころころ変わってもスキーヤーは文句を言えない仕組みのようです。講師やデモンストレーターたちにもきっとストレスなんじゃないかなと……。
Posted by gyochan at 2013年03月03日 11:08
外 1本の意識

粟野利信デモ  宮下征樹デモ が 連覇した頃
故ベルントクレーバー氏
切れと 走り 板の回しこみ 見てて 凄いな!
と 基礎スキーて凄いなと!

内なんたらで コブとかアイスバーンとか ないわ・・・ 

そりゃ リカバリーとか 外1本のエッジで足らない場面とか  レースする人達のハイレベルのターンのための 内の使い方なら あるでしょー!

内なんたらは モーグルレーン片足で 降りてこれる位の 脚力とバランス感覚を もつよーなレベルの人が 滑りのバリエーションで やっとけ!

これから 急斜 コブ 深雪 逝くんだー!て 人には 弊害以外なんもない!言いきります!


ちっと前まで 内に 乗るな!と あんなに 言ってたのにー 基礎の人が きちんと滑ってくれないと 一般人は困るのよ〜。


来シは SIAで ベンディングターンを!
滑りの幅が 広がりますよ〜。


自分が もし 内なんたらで スキー初めたと
すれば・・ ゾッとします。演技のタメの技術とか
いらぬわっ!


難斜面を破綻なく 思うよーに降りてこれたとき

俺って うまくなってるじゃん〜〜て 
 

スキーは、 はまりますよ・・
Posted by 前転 at 2013年04月10日 12:29
Re:外 1本の意識

>前転さん
毎度です!
やはりSAJの現教程には懐疑論が根強いですね〜。私は三浦豪太氏や皆川賢太郎氏がかなりはっきりと苦言を呈しているのを見て「そうだよね、やっぱそうだよね……」と思ったクチです。

まあ、私のSAJギライは「ちょっと習ったけどあんまり面白くなかった」っていうのがいちばん大きいのですけれど。

忌憚のないご意見大歓迎でございます! ですが、このブログにはSAJプロパーなスキーヤーたちも見に来てくれてますので、ケンカにならない程度の過激さ(笑)でお願いしますね。
Posted by gyochan at 2013年04月10日 15:02
実は 昔

とある 富山のスキー場で SIAの 人が SAJの人達のことを ボロクソに 言ってたの聞いて
スンゲーSIAのことが 嫌いになった(笑)
いろんな意見あって そこから いいと思うものを
自分で決めたらいいと思うし 休みの日くらい しがらみ無く おもしろいことしたいし!  
    
私も 仕事となると 黒くても 「白いです」て 言わざるをえない事が多々あるわけで〜  

そうゆうもんですよね。

スキーて 昔から この人は こう言う あの人は こうだと言い  いったいどうしたらええんじゃ? て 

ベースの部分は変わらないと思うんですけどねぇ。
Posted by 前転 at 2013年04月11日 09:56
Re:実は 昔

>前転さん
私は逆に、SAIのイントラがSAJの教程をどう思っているか聞き出そうと、2in1のリフトの上で誘導尋問をこころみましたが、のらりくらりとはぐらかされましたよ。オトナの対応(笑)。

「ベースの部分は変わらない」、おっしゃる通りだと思います。

レースにもフリースタイルにも整地にも悪雪にもコブにもバックカントリーにも共通して必ず必要になる「ベースの部分」、それが「基礎」だと思いますし、「外足荷重・外向傾姿勢」は間違いなくそのひとつだと私は思っています。「スキースクール」と名乗る以上は、まずこの「いつでもどこでも変わらないもの」から優先して教えるべきで、2級レベルの私とか、ましてや初心者初級者に対してそこをスルーするというのはいかがなものでしょうね。
Posted by gyochan at 2013年04月11日 11:31
無題

ガイコウケイもちょっと基本からズレテますよ。
Posted by とおりがかり at 2013年07月03日 05:30
Re:無題

>とおりがかりさん
コメントありがとうございます。
恐れ入りますが、もう少し詳しくご説明願えますか。
Posted by gyochan at 2013年07月03日 11:21
Re:無題

返答なしか。感じ悪いやつだな〜〜。
Posted by gyochan at 2013年07月05日 11:38
皆さん悩んでますね。市野聖治氏は悪くない。歴史を知ることだ。きっといい方向に変わっていく。昔からスキーの世界はこうだった。怒るな。諦めるな。進歩を信じるんだ。
Posted by 蝦名 響 at 2018年08月26日 18:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118831170

この記事へのトラックバック