2012年10月26日

スクレーパーの手入れも手抜き。

ブラッシングの記事を書いたついでにスクレーパーの記事も書きます。こういうのはね、勢いのあるうちにバーッてやっちゃったほうがいいんです。バーッて。

えーとスクレーパーについてはいいですね。滑走面の余分なワックスをスクレープする道具です。そう言えば超高層ビルのことを英語で skyscraper と言いますが、空を削りとるほど高いビル、という言葉なんでしょうね。摩天楼という表現はかなり気の利いた訳語だと思います。

簡単に話が脱線してすみません。

スクレーパーって、何度か使うとすぐにワックスのくずが付着して「べたべた……」な感じになっちゃうじゃないですか。あれ、どうしてますか。

ネットを調べてみるとやれワックスリムーバーで落とせとか灯油を使うといいぜとか書いてありますけど、私は台所で洗ってます

蛇口からお湯を出しながら、台所だったら間違いなく手の届く場所にあるであろうクレンザー『ジフ』を使って、手洗いします。わりと一撃です。手洗いをするのは、食器を洗うスポンジを使うのに抵抗があるからというだけで、ワックス用にスポンジを用意してそれを使えば一撃はおろか0.5くらいでピカピカになると思います。

この方法がワックスリムーバーや灯油を使う方法に比べて優れている点は、台所に行くだけで実行可能(台所にあるものだけで完結する)という手軽さと、有機溶剤や油脂を使うよりもたぶん環境負荷が低い、この2点に尽きると思います。デメリットは思い浮かびませんが、ジフの研磨剤で指先の指紋が少し減ることくらいでしょうか。

表面がキレイになったら次は目立てです。

これもスクレーパーシャープナーといって専用の道具が売られていますが、要するにアクリル板が四角く研げればいいわけでしょ。私はこんな自作の道具を使っています。

せめてひとなみに。-オリジナル・スクレーパーシャープナー

オリジナル・スクレーパーシャープナーとうちの飼い猫ウナさん

かまぼこ板に紙やすりを貼り付けたものと、直方体の木のブロックです。ブロックで直角を出しながらやすりにこすりつける。これで十分に研げます。製造原価がいくらなのか考えるのもめんどくさい。ただ、正しく直角が出ていることは重要なので、ガイドにするブロックのほうはホームセンターでわりとしっかり吟味して買いました。材は忘れましたが200円くらいした気がします。

回転ブラシ買えよ高いけどお前ら全員ほらドリルもほらほら、という記事の直後としてはあまりにもみみっちいものを紹介してしまいましたが、安物の専用品(使っているうちにスクレーパーがどんどんコンケーブしていくようなやつ)よりはいい仕事してくれていると思いますよ。

【「スキー」カテゴリの最新記事】
posted by Gyochan at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118831114

この記事へのトラックバック