2012年07月02日

わざと悶々としてみる。

道志みちを苦労して走ってみて、というかロングライドやハードライドをするといつも思うことなのだけれど、ほんとに俺は正しいポジションで乗ってるのか。これ。

ロード乗りにポジションの悩みは尽きません。

まして慢性的に発展途上な上に一年のうちに半年近く乗らない時期があるおいらのような素人ライダーは、条件が安定しないし経験値も低いのでむしろ悩みは深い。

たとえば、もうちょっと前で乗りたいな、と思う。私のような素人はまずその根拠からして自信がない。サドルがもう少し前だとよいように感じるのだけれど、そのほうが調子よく回せそうだからそう思うのか、いつも尻が前にズリ落ちてくるからそう思うのか、どっちなのかよくわからんのです。

じゃあ前に出してみりゃいいじゃん。ええ、出してたんです。下の写真をご覧ください。サドルは限界まで前。シートポストのオフセットのせいでこれ以上前に出ません。でも感覚としてはもう少し前に出したい気がする。ではゼロオフセットのシートポストを買うべきなのかと考えたとき、自分の「前乗り感」が本当に正しいのか、そこのところの確証がない。しかも世の中のシートポストはオフセットつきのものが主流で、どうやら後ろ乗りのほうがポピュラーらしい。となると、いよいよ自分の前乗り感覚に自信がなくなってくる。間違ってるんじゃないのか。

$せめてひとなみに。

あるいは、たとえば、ハンドルが近いな、ちょっと窮屈だな、と思う。これも私の前乗りグセのせいでそう感じているだけであって、もし私にとってもっと後ろ乗りが適正ポジションなのであれば話が変わってくるのです。

ほかにも、シューズ。私は左足の内側(親指側)を強く踏むクセがあるらしく、長く乗っていると拇指丘から先、親指までがしびれてきてひどく痛みます。ソールかクリートに外側上がりのカントをつけて足裏全体でイーブンに圧をかけられるようにすれば解決するようにも思えるのですが、果たしてそれがベストな解決方法なのかというと自信が持てません。もしかするとそんなことをするのはフォームを崩す悪循環の入り口かもしれず、それをする前に改善すべき何かがあるかもしれない。でも、そんな個人的なフォームの細かい部分は入門書や解説書には対策は書かれていませんよね。

順当に考えればトライ&エラーを繰り返して正解を探るのが正攻法なわけですが、サラリーマンの限られた休日・限られた可処分所得の中でそれをやるのか、というと、抵抗がある、というのが正直な気持ち。

だから「どうすればいいんだろうなあ。まあいいけど」くらいな、煮え切らない悩みを抱えたまま、特に何もせずに走り続けてしまうわけなのです。

posted by Gyochan at 00:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
CAAD7、クールですわね〜!

gyochanさま
はじめてコメントさせていただきます〜。
乗鞍岳への、、、のうり坊でございます〜。
gyochanさまのCAAD7、なんてカッコイイのでしょう!
シビレますわ〜。
マットブラックに、縁取りだけのロゴ、、、この地味さが、粋ですわね〜。
そこかしこに、黄色のさし色が、、、
マットブラックに黄色の組み合わせとは、エキセントリックでいいですわ〜。
あんまり素敵な写真だったので、つい、コメントしてしまいました。
おじゃまいたしました〜。
Posted by うり坊 at 2012年08月14日 22:29
Re:CAAD7、クールですわね〜!

>うり坊さん
コメントありがとうございます!
いや〜、自分のマシンをほめられるのは何ともうれしいもんですね〜。私の自転車いじりはドレスアップがメインなので、見た目をほめられるととても気分がいいです。
この自転車ももう6年乗っているし、そろそろアルミを卒業してカーボンでも、と思ってはいるのですが、なかなか「運命の出会い」がなくて、相変わらずこいつをかわいがっている次第で。

あ、それはそうと伍長さん納車おめでとうございます! インプレ楽しみにしてますよ〜
Posted by gyochan at 2012年08月15日 09:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118831078

この記事へのトラックバック