2011年10月22日

ポジション再考

思い切ってポジションを見直しました。

今年6月頃に一度、ショップで基準となるポジションを出してもらっていました。YouCan 八王子店 の有償フィッティングで、たしか4,000円強くらいでした。ただし、この時はペダルを買ったついでだったので、フィッティング単体ではもう少し高いかもしれません。

フレームが私の体格に対して少し小さめだとのことで、サドルはいっぱいまで後ろにオフセットし、ハンドルはいっぱいまでアップライトにするというセッティングをしてもらいました。この時はこれでしっくりと決まり、ずっとこれで走っていました。

しかしあれから約4か月。ずいぶん距離も乗ったし、体格も変わりました。ロードバイク独特の乗車姿勢にもかなり慣れた結果、今のセッティングについて不満点もちらほら感じるようになってきました。

まず、サドル。

私のケツと Selle Italia SLR Gel Flow は近頃かなり相互理解が深まったらしく、「この位置に尻を乗せとけば 100km いける気がする」というベストな着座ポイントが見つかりました。

ただ、その「ケツの落ち着きのいい場所」と「ペダリングしやすい場所」が前後に少しずれているようで、ケツは後ろで座りたがり、脚は前で踏みたがるため、走行中にしょっちゅう座りなおしをしていました。そこで、サドルを大胆に 10mm ほど前に移動してみることにしました。

サドルを前進させた分と、お尻の肉の厚みも現在進行形で減っているので、サドルの高さを上げます。これも大胆に 5mm ほど上げました。

次に、ハンドル。

これも少し近いなと思うようになってきました。前傾姿勢に身体が慣れてきたからだと思いますが、「もう少し低く、遠くてもいいような気が」とぼんやり感じておりました。

そこで、上向きにセットしていたステムを下向きに反転することにします。ちなみに、私の 95mm ±6°のステムを反転させるとハンドルはコラム軸方向に約 20mm 下がるという 計算結果 が出ています。一度に動かすにはちょっと大きい数字かもしれませんが、下向きステムのほうがカッコイイし

以上を総合すると、全体に前乗りになり、前傾が強まったという感じでしょうか。乗車姿勢はそのままで BB を軸に前方に1°くらい前転した感じ、とも言えます。

このセッティングで水曜日に 20km ほど走ってみました。

これ、調子いいです!

ケツの落ち着きに関しては劇的に改善し、サドルの存在を忘れてしまう瞬間があるほどです。座りなおす頻度も大幅に減り、ダンシングからシッティングに戻る時も、すとんと腰を下ろせばそこがベスポジ、いちいちモゾモゾと微調整することがなくなりました。

前傾姿勢はかなり強まった感があります。苦しいポジションではありませんが、かといってラクチンなポジションでもありません。

前傾が強まって上体が寝たせいか、ペダリングが以前より力強くなった気がします。多摩センターから三本松小学校(現デジハリ大)に向かう 10% ほど(感覚値)の坂道がシッティングでするする登れてしまった時は、心の中で小さくガッツポーズをしました。

逆に、上体を支える腰回りと肩、頭を支える首の負担はやや増えた感じです。短い試走でしたが、走り終えて腰と肩に少し疲労を感じました。しかしこれはすぐに必要な筋肉がつくでしょう。

面白い副産物というか副作用として、強い前傾によってもたらされるアグレッシブな気分というものがあります。これは不思議ですねえ。「行くぜ!」「走るぜ!」という積極的な気分がみなぎってきます。前方の信号が赤に変わってもペダルを止めず、ついぎりぎりまで踏んじゃう、みたいな。

スキーでも、姿勢を立ててチンタラ滑っている時と重心を低く落として谷に突っ込むように滑っている時ではメンタリティがずいぶん違いますから、きっとそれと同じですね。

posted by Gyochan at 09:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
ふむふむ

僕はポジションは最初に購入した時から変えてないんだよね。
本当はフラットーバーからドロップに変わったからポジション出ささないといけないんだろうな。
多分僕も少し前少し上げるほうがいいのかも。
今度試してみるね!
Posted by つっちー at 2011年10月24日 17:15
Re:ふむふむ

>つっちーさん

毎度。

ポジション出すならお金払って玄人の指導を仰ぐのが一番確実なんだけど、いかんせん高いよね。
一方で、ネットや書籍でタダで得られるポジションセオリーはあまりにも一般化されすぎていて、自分にドンピシャとは限らない。
プロレーサーと同じ方程式でポジションを出しても、素人の週末ライダーに適正なはずがないしね。

なので俺たちにできるのはトライ&エラーを納得いくまで繰り返す、これしかないんだな。
問題はステム長で、こいつはトライ&エラーをするためにはブツを買わなきゃいけないんだな……。
Posted by gyochan at 2011年10月24日 19:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118830994

この記事へのトラックバック