2011年09月25日

走力の向上、これ錯覚?

どうしたことだ。急に平均速度があがりだしたぞ。

先週までずっと 22〜23km/h 台で頭打ちだった平均速度が、おととい 24.5km/h をマーク(距離 65km)、そして今日なんと 25km/h を記録した(距離 34km)。連日の自己ベスト更新である。

おととい走ったコースは多摩サイとか夜の R246 とか。比較的ストップ&ゴーが少なかったので、そのせいで平均速度が恵まれたのかと思っていた。

しかし今日はベンチマークにしているレギュラーコース。今までの自己ベストは 23.6km/h だった(8/17)。それをいっきに 1.4km/h も更新である。走力ってこんな極端な上がり方するのか?

実際、おとといも今日も、走っていてすごく前に進む感じはした。ギアもアウターにかけている時間が長かった。前まではアウターなんて下り坂でしか使わなかったのに。

股関節あたりの筋肉をぎゅうぎゅう使ってうんせうんせとトルクをかけて踏む感じ。こういう乗り方をしているとすぐにそのあたりの筋肉がワキワキしてきて、やがてバテてしまうのだけれど、どうしたことか今回はそのワキワキのままどこまでも進んでいけた。ハア、ハア、と息がはずみ体中がぽっぽと火照った状態がずっと持続するのだ。連光寺の坂も 18〜19km/h くらいのイーブンペース(自分としては速い)で桜ヶ丘CCまで登りきった。

ここで「俺って走力が上がった」と結論してしまうのは簡単だが、私はうまい話にはだまされない

せっかく条件をそろえて検証しやすくしているのだから、よく考えよう。今までと違うところはないか。

あった。ありました。

今日はむちゃくちゃ涼しかったのだ。最初は半袖ジャージでは寒いくらいだった。ウォーミングアップの 5km くらいは「アームウォーマーか長袖ジャージがほしいなあ……」と思いながら走っていたのだった。

これですね。気温。マラソンもシーズンは秋冬。つまり持久走系の運動は涼しいほうが記録が出やすいのだ。なるほどなるほど……。

posted by Gyochan at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118830983

この記事へのトラックバック