2011年07月27日

ツール缶の中身

自転車ブログではサドルバッグやツール缶の中身をさらすのが定番ネタらしいのでマネしてみます。

サドルバッグかツール缶かで言うと、私はツール缶派。

できることならどちらも着けたくはないんだけど、経験豊かな人が「ふつう持っていくもんなんですよ」って言ってるのを聞くと、じゃあマアそうしとこうか、みたいな。もちろん必要性は理解してますがね。ロード乗りはそもそもどこか教条的なところがあって、このへん基礎スキーヤーと似てますね。

でツール缶を選んだ理由ですが、単純に、サドルバッグだとお気に入りの knog の尾灯が目立たなくなるからです。これです。

それに、やはり重心が低いのはよいことだろうと。実はわたくし冷やかし程度にモータースポーツを楽しんだりするんですが、低重心化はコーナリングにも加減速にも絶大な効果がありますね。もっとも、自転車でメインとなるのは等速巡航であってそっちにはたいした恩恵はないんですけれどもね。

むしろ、オートバイの世界でよく言われる「マスの集中化」という理屈で言えば、サドルバッグのほうがもしかすると理にかなっているのかもしれません。自転車で最大のマスは人間ですものね。そういえば UCI の規定には車体重量 6.8kg という最低重量制限がありまして、うっかりそれより軽い自転車を組んでしまったときはわざわざおもりを積むらしいんですが、どこに積むんでしょうね。

さて、私が使っているツール缶は OGK の 450ml のタイプ。Amazon の商品写真では見えていない側面に度量衡の換算表とかがびっしりプリントしてあって、なかなかハテナな意匠でございます。

ちと脱線しますが、というかさっきから脱線ばかりですが、この OGK のツール缶、フタを開けたときの口の処理がやばいです。きわめて鋭利なプラスチックの加工バリが立っていて、モノを出し入れしていたらショリッと指の皮膚をそいでしまいました。「こんにゃろう……」と言いながら紙ヤスリで面取りを行いました、傷の手当てをしてから。この面取りは絶対必要ですぞな!

なかなか本題に移れません。ツール缶の中身でしたね。平凡なものです。初心者のチョイスですのでうっかり参考にしないように。

  • 替えチューブ 1
  • CO2 インフレーター 1
  • CO2 カートリッジ 1
  • タイヤレバー 2
  • アーレンキー 6mm, 5mm, 3mm 各1
  • 軍手 片方

これらのほかに、手押し式の小型インフレーターをフレームにセット。ジャージの背中ポケットには小銭入れ(中身はお金、ばんそこ、家のカギ)とフェイスタオルとタバコとライターを入れて走りに行きます。

慣れないうちはいろいろ詰め込んだバックパックをしょって走ったりもしましたが、やはり身軽が一番ですね。どうせ自宅の周辺しか走らないんで本当に進退きわまったらタクシー呼べばいい、という開き直りもあります。

せめてひとなみに。-もっていくもの

posted by Gyochan at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118830941

この記事へのトラックバック