2011年07月26日

夜更けのチューブ交換

帰宅したらFタイヤがスローパンクしていた。

原因はわかってるんです。きのうの夜ライドで暗闇の段差に気づかず思い切りリムを打ちつけてしまった。なんの心の準備もなくいきなり「ガン!」と衝撃が来た。あれはあせりますな。「ギャッ!!」って楳図かずお作品みたいな悲鳴をあげてしまいました。

尾根幹線の、永山から諏訪にかけての未供用区間、と言えば地元もしくは尾根幹フリークの方ならおわかりでしょうか。ええそうです、障害物の植え込みがスラロームしてるところ。あそこ夜になると真っ暗な部分があるんですよ……しかしなんであそこ供用しないんでしょうね……。

でまあ、チューブ修繕用のパッチだの何だのはまだ持ってないし、持っててもこんな夜中にしこしこ修理する気力もヒマもないんで、いさぎよく一本しかない予備チューブに交換して本件クローズとしました。

チューブの交換は人生二度目です。一度目の顛末は、途中まで書いた文章がこのブログの管理画面の「下書き」のところにだいぶ前からあります。みなさんはまだ読めません。今後も読めるかどうかわかりません。

一度目はシュワルベの DURANO S というタイヤが相手だったんですが、今回はコンチネンタルの Grand Prix 4000S が相手です。これははずしやくはめやすいタイヤでしたね。チューブ交換2回目の私が言うのも何ですけど。プリッとはずれてパキョッとはまりました。どっちもタイヤレバー使いましたけど。

たまにタイヤのレビュー記事で「素手でラクにはめられました!」なんて書いてる人がいますが、ほこらしげにそう書きたいばかりに無理して素手ではめてるんじゃないかと疑ってしまいますね。俺ってタイヤレバー使わずにチューブ交換できるぜアピール。いいですけどね。私はレバーを使います。私にはそのほうが早いしラクなので。

さて、予備チューブを使ってしまったので新たに予備を手に入れなければなりません。替えチューブを持たずに自転車に乗るなんて、下着をはかずにレーパンをはくようなもんです。いや、それは普通だな。まあいいか。

こないだ CO2 インフレーター(すごく小さくてイカス)と手押しインフレーター(銀メッキでイカス)を買い、それらを収納するツール缶も買い、道中のパンクの備えが万全になったばかりなのに、肝心の替えチューブがなければ何の意味もなしません。少なくともこいつらのために替えチューブは必要。

さっそく、前々から興味のあったパナレーサーの R Air というかなり本気度の高い軽量チューブを2本、アマゾンで注文しました。すると、ショッピングカートの中にはいつ入れたものか、knog の BOOMER というライトが入っていました。暗闇のせいでパンクをこうむり、替えのチューブを買おうとしたらそこにライトが。なんというめぐりあわせ。当然買います。嫁さんには内緒です。いや、嫁なんかいなかったなそういえば。

ついでに、3月頃に出た Frank McComb の新譜「A New Beginning」もいっしょに買うことにして注文確定。

体重が減るのを上回る勢いで預金残高が減っている気がする。

posted by Gyochan at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118830939

この記事へのトラックバック