2011年07月21日

転変するペダリング

毎度。

毎週末せっせとロードバイクに乗るようになってそろそろ2ヶ月。ちかごろは、ペダリングに使う筋肉が乗るたびにころころ入れ変わる現象に当惑中。

最初のうちは、たぶん初心者としては順当に、モモマエを使って踏んでました。ママチャリに乗るときによく使う筋肉ですね。ここで小難しい筋肉の名前とかがさらっと出てくると自転車ブロガーっぽくてなかなかスマートなんですが、あいにく知りません。

やがて、ケイデンスを意識して低トルク高回転で踏むようになると、脚のどこらへんで踏んでるのかよくわからなくなりました。どこかが痛くなるわけでもなく、これで本当に運動になってるのかなあと思いつつも体重は減っているし、そんなもんなのかなあと思ってました。

さらに、高回転に慣れてきたので徐々にトルクを上げていこうとしていたある日、ふと気がつくと、モモヨコともシリヨコとも言えるあたり(下半身でいちばん横幅の広いあたり)の筋肉が動員されていたことがありました。モモマエを使っている感じは全然なくて、しかもその日はなかなか調子がよかったので、「われ、ペダリングの極意を得たり!」と走りながらひとり悦に入っていました。

ところがこのモモシリヨコペダリングは偶然の産物だったらしく、その後は意図的に再現することができませんでした。やがて以前の「どこで踏んでるかよくわからないペダリング」に戻ってしまいました。

そして先日、「あのモモシリヨコペダリングを何とかもう一度」と試行錯誤しているうち、妙な、しかし調子がよくてなかなか力強い踏み方を発見しました。

それまでは、(チェーンリングを時計に見立てて)1時あたりから5時あたりに向かって真下に踏み込むようなペダリングでした。このペダリングでは主に「モモマエ・ひざ寄り」を使うようです。それを、11時のあたりから3時あたりに向かって斜め前方に押し出すようなペダリングに変えてみたところ、やけに調子がよろしい。このペダリングでは「モモマエ・股関節寄り」がかなり使われるようでした。ほとんど腿の付け根。

今までの人生でこんな場所の筋肉使ったことないな。使ったことないのに(あるいは、使ったという意識がないのに)、モモマエ股関節寄りの筋肉はモモマエひざ寄りの筋肉に比べて持久力があるらしく、継続してトルクをかけてもなかなかアップアップにならなんですね。これは発見でした。

この「11時3時ペダリング」はトルクが前に向かってかかるため、ほっとくと腰が後ろに引けていってしまう。そこで、柔道で組むときのように両手でハンドルを引き付けてトルクを逃がさないようにします。こう書くとなんだかすごく無駄な力を使っているようですが、でも上記のとおりなかなか調子がいいんです。「これこそペダリングの極意なり!」と思いましたね。

このペダリングが果たして正解なのか大間違いなのかを判断する知識が私にはありませんが、股関節周辺を支える筋肉を充実させることは間違いなくスキーにとってはプラスなはずなので、ひとまず、当分はこのペダリングを続けてみようと思ってます。

posted by Gyochan at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118830935

この記事へのトラックバック