2015年12月14日

滑走面を顕微鏡で観察したら

丸沼で初滑り(屋根のないスキー場では)をしてきました。

末期的な雪不足でどのスキー場も悲鳴をあげている中、きっちり3面仕上げてきたのはさすが丸沼の底力。

しかしそのおかげで丸沼に客が集中し、リフト待ちはのべつ10分からそれ以上。こんなに待ったのは久しぶりです。あたしもう待つのはイヤ。

毎度。俺です。

滑走面を顕微鏡で観察してみたくなりました(そこに至った経緯はめんどくさいので省略します)。そこで、私の有り余る財力を投じて現代科学の粋を集めた最先端の顕微鏡を取り寄せることにしました。

61YHWHnmXIL._SL1500_.jpg

レイメイ藤井 ハンディ顕微鏡ZOOM RXT203
¥1,450(Amazon.co.jp)

「注文を確定する」ボタンを押したのは昨日の夜9時頃なのですが、きょうの朝8時過ぎには届いていたようです(家族が受け取った)。スキーから帰ってきたら品物が届いていたので腰を抜かしました。Amazonの即応力はだんだん狂気じみてきましたね……。

このRXT203の最大倍率は実に120倍。虫めがねの倍率が2倍ほどであることを考えると途方も無いパフォーマンスです。しかもLED照明のみならずUVライト(いわゆるブラックライト)まで装備しています。これが1,450円です。おそろしい時代になりました。

さっそく滑走面を見てみましょう。ところどころ草や土が見えている丸沼のグサ雪を一日滑った後の滑走面です。前日きちんとホットワックスしたのですが、すでに一面うっすら白くなり始めています。

IMG_0824.JPG

滑走後そのままの滑走面(120倍)

次に、よく研いだスクレーパーでドライスクレーピング、ナイロンブラシとスポンジやすりで古いワックスとケバ取りをしました。

IMG_0830.JPG

ドライスクレーピング→ナイロンブラシ→スポンジやすり

さらに、ガリウム・ユニバーサルベース(ガリ白)でクリーニングワックスをかけ、ホットスクレイピング、ナイロンブラシ、スポンジやすりをかけて汚れを落としました。

IMG_0842.JPG

クリーニングワックス→ホットスクレイピング→ナイロンブラシ→スポンジたわし

……。

え、えーと……

なんもわからん……

posted by Gyochan at 00:12 | Comment(2) | スキー

2015年12月08日

俺のガンマターン、改め……

この忙しいのに、こともあろうにグランツーリスモ6(ゲーム)に今さら再ハマリしてしまいました。シルバーストーン超楽しいわ〜。

キャリアモードは(B助の力も借りながら)国際S級までクリアして、今は「レッドブルXチャレンジ」に取り組んでいます。しかし要求される動体視力や反応速度が私(の年齢)の限界を超えていて、なかば絶望し始めています。

CA3I0057.JPG

獲れました!

え? わからない? わからなくていいです。

毎度。俺です。

さて、先の記事で少しふれました「俺のガンマターン」。今シーズン私が取り組もうとしている滑走技術の軸となるフォームにこの名前をつけました。

ギリシャ文字で3番目のガンマの大文字「Γ」。L(エル)を逆さにしたような字です。察しのいい人はもうおわかりかと思いますが、Γの字のように、ひざを伸ばして腰を高くかかげ、上体を前に折るフォームをイメージしています。いわゆる「腰高のポジション」です。

TM12ob62433.jpg

いやこれはスズキガンマ

古くからある概念に新しい名前をつけるなとお思いでしょうが、私にとってはΓの字が一番イメージしやすかったのです。あくまでもイメージであって、当然こんな格好では滑れませんが、Γの字を意識すると腰高姿勢に持って行きやすい、ということです。

腰高姿勢は昨シーズンまでも意識はしていた(つもりだった)のですが、今シーズン、足慣らしの狭山で思い切って「こんなに高くしたら滑れません」というくらい腰をはねあげてみたらまったく違う感覚がありました。

ひざには突っ張る以上の仕事をさせず、外脚全部を一本のつっかえ棒のようにして、そのつっかえ棒のてっぺんに重心を載せる。すると、重み(の反作用としての雪からの圧)やギャップの衝撃がひざで吸収されず、じかに股関節に伝わって来ました。なんだこれ。ひざで押してる感じじゃなくて、腰で押してる感じ。これか。ほしかったのはこれなのか。

改造中のフォームを見てもらった達人から「高さはよくなってきましたね」とのコメントをもらったので、どうやら方向性は間違っていないようです。

しかし難しい。

どう難しいって、「雪が遠くなった」。

まず、単純に、重心が高くなると安定性は失われますよね。自動車が低重心になるほど運転しやすく乗り心地が良くなり、背が高いクルマはその逆なのと同じです。高い重心は不安定なのです。

次に、ひざを使えない不便。股関節・ひざ・足首と3箇所の可動部で姿勢をつくっていた動作系からアクチュエーターがひとつ減るわけですから、当然ぎこちなく不器用になるし、残りふたつの負担が増えます。

さらに、大きく動かなければいけなくなった。腰が高くなると、同じ内傾角でも重心の移動距離は増えるのです。重心の移動量はスキーのエッジを中心とする扇型における弧の長さです。弧の長さは直径に比例しますから、腰が高くなったぶんだけ運動量を増やさなければいけないのです。

(「大きく動く」は達人と練習していると頻出する表現なのですが、大きく動くことが目的なのではなく、腰高姿勢を維持して深い内傾を作ろうとすれば動きは勝手に大きくなっちゃう、ということのようです。)

あと、もっと次元の低い話として、ひざを伸ばして腰を持ち上げると重心はかなり前に出るので前後ポジション覚えなおしだわー、とか、ターン後半でΓの字が「<」くらいに屈曲するので腹筋がつらいわー、とか。

あと、「ガンマターン」は語感が悪くてどうしても気に入らないのでネーミングを変えます。

再命名。「俺の最敬礼ターン」。言いたいことは同じです。

posted by Gyochan at 21:00 | Comment(11) | スキー

2015年12月07日

君は狭山の豚まんを食べたか

スポーツDEPOで買った「IGNIOスキー・スノーボード用ソックス2足組999円」がむっちゃあったかくて驚愕してます。これマジぽかぽか。

売り場の隅の柱の陰という「こんなところに置いといて誰が買うのか」と思うような場所に無造作に放置されていたのですが、いやいや、生地の厚みからうける印象とあたたかさがまったく一致しません。これは買って本当によかった。

と言っても私、スキーブーツの下はワークマン4足399円かなにかのペナペナなハイソックスを履きます。IGNIOは通勤用。

毎度。俺です。

この週末は一ノ瀬での佐藤翔さんのキャンプに誘われていたのですが、義理で断れない用事がいくつも入ったため参加できませんでした。こんなにくやしかったのは久しぶりです。

古巣バンドのライブや仲間内の忘年会だったのですが、志賀で滑っている仲間たちのことをずっとうらめしく思い出していました。ああ、ただでさえ遅い俺を置きざりにしてみんながもっと速くなってしまう……という焦り。

日曜日の夜やっと時間があいたので、しかたなく狭山で滑ってきました。志賀で滑るのとは雲泥の差がありますけどね……(未練がましい)。

そんな私の心の内を知ってか知らずか、窓口で「豚まん」の引き換え券をもらいました。豚まん?

〈期間限定〉豚まん付チケット発売!!

上の記事では「6時間券」で「16:00まで」となっていますが、私が買ったのは4時間券で、引き換えは17:00まででした。余っちゃいそうだったのかな(笑)。ちょうどお腹がすいていたので喜んで頂戴しました。具が少なかったですが、あつあつでおいしかったですよ。おかげで、一ノ瀬キャンプに参加できなかったくやしさが少しやわらぎました。具が少なかったですが。

さて狭山。人口スキー場なのに世の中のスキー場と同様に雪不足に悩まされ、2週間近く臨時休業していましたね。ようやくこの週末で営業再開にこぎつけられたようです。もちろん雪の量は潤沢とは言えません。中盤でコース幅は狭くされていたし、上部はところどころ地肌が透けて見えました(露出はしていない)。

コース幅が漏斗状に狭くなるところでは人が滞留しがちであまり滑りやすいコンディションではありませんでしたが、それも20時まで。20時からは全開タイムでした。

私はこの冬から導入を決めた「俺のガンマターン」(今命名)の洗練につとめていたのですが、なかなかうまくいかず。ガマンじゃないですよ。ガンマ(Γ)です。ギリシャ文字の3文字目。

ガンマターンについてはまた後日、稿を改めて書きましょう。

ところで、忘年会で「もう狭山には7日行ってるけどね」と話したら、またまた

「狭山は滑走日数に含めないからな!」

と言われました。このブログにちょいちょい登場しているフリースタイル&オールマウンテン系のS君です。S君は以前からこのように言うのです。狭山は滑走日数に含めない、と。

しかしですよ。

いかに狭山スキー場が短い、斜度がゆるいと言っても、夜の4時間券であればゆうに30本以上は滑れます。300m×30本以上、滑走距離は9kmを軽く超えます。尾瀬岩鞍でもっとも長いミルキーウェイ(2,800m)で言いますと実に3本分です。つまり

1狭山イコール3ミルキー

と言うことができます。私は今シーズンすでに狭山で8回滑っていますので、

8狭山イコール24ミルキー

です。まあ、内容は全然違いますが。しかし距離だけならミルキー24本相当ですよ? これを滑走日数に含めない、などという暴論が、果たしてあってよろしいのでしょうか! いや、よいはずがない! ドン!(机を叩く音)

いかん。何を書いても一ノ瀬で滑れなかったことのうらみ節にしかならない。

posted by Gyochan at 21:00 | Comment(2) | スキー

2015年12月01日

小さな冬じたく

いま神様がいきなり目の前に現れて

「お前は何を望むのか」

と問われたら、

「戦争のない世界を。あ、あと、もしよかったら残業のない世界も」と答えます。

毎度。俺です。

今季はなんだかぐずぐずしていて、冬の準備が例年比2〜3週遅れなのですが、一方でこんなどーでもいい冬支度もしてみました。

CA3I0048.JPG

100円ライター。

ただの100円ライターじゃないですよ。

CA3I0052.JPG

ターボ式です。

タバコ吸わない人はなんのこっちゃですね。普通のライターはすごく風に弱いんですが、ターボライターは仕組みが少し違っていて、風にめっぽう強いんです。

スキー場の喫煙所は大半が吹きっさらしの屋外。しかも気温が低いせいか気圧が低いせいか、スキー場って火がつきにくいんですよね。どうにもならず知らない人同士で火を貸しあう、なんて光景はスキー場の喫煙所ではめずらしくありません。

でもターボライターなら、強風のスキー場でも常に安定した着火力を発揮してくれます。かじかむ手で悪戦苦闘する必要はないんです。

いつもスキー場で「あーターボライター買っとくんだった!」と思うんですが、山を降りるとすぐ忘れてしまうんですよね。なので今年は備えました。備えあればうれしいな。

posted by Gyochan at 00:44 | Comment(4) | スキー