2015年05月27日

新品ですか?

"雪出 紅"(ゆきいで・べに)という美しい人名を考えたのでどなたでも使っていいですよ。

毎度。俺です。

気づくと後輪のタイヤがだいぶ減って、トレッドが台形になっちゃってました。スリップサインも消えかけています。

このタイヤに替えたのいつだっけ、とよく考えてみると、去年は一度も替えてませんでした。おととしの秋ですね。てことは2,000km近く乗ってますね。

前輪のほうはどうかなと見てみたら、前タイヤはまだ中央にが残っています。全然減ってない。あー、前後でこんなに摩耗の差が出てしまった……1000kmくらいでローテーションしとくべきだった……。

私が履いているコンチGP4000Sはたいへん強靭なため、ボーッとしているとこのようにタイヤをはずさないまま平気で1年くらいたってしまいます。パンクしませんから。「日頃から自分のマシンの状態をもっとよく観察しろ」そうですね。はい。

今からでも遅くない、一応ローテーションしとくか。しましょう。

そうだ、せっかくタイヤを外すんだから久しぶりにホイールを丸洗いしよう。ブレーキ面もだいぶ汚れてしまっているし。

てことで、タイヤ、スプロケット、クイックシャフトを取り外してむき身にしたホイール(マビック・キシリウムエリート2011)をお風呂場に持ち込み、ジフで洗い倒しました。スキーを洗浄したときにも活躍したジフですが、ホイール洗いでも役立ってくれました。研磨剤が入っているので力を込めてこすらなくてもどんどん汚れが落ちます。ジフ最高!

キシエリはタイヤ側にスポーク穴が空いておらず、組まれた状態ではバルブ穴しか開口部がありません。なので丸洗いした後は水抜きをしっかりやっておかないといかんですね。

久しぶりにバラしたスプロケもパーツクリーナーと歯ブラシでしっかり洗浄。この「スプロケをバラす」っての、初心者にはけっこう高いハードルですよね。正しく組み戻せるか不安で、最初の一歩が踏み出せない。でもやってみれば実はなんてことない。

CA3I0003.JPG

ホイールはピントが合わせづらいですね。ぴかぴか感が伝わりません

で、ぴかぴかになったホイールを眺めてハタと思いました。

そうだ、せっかくタイヤもスプロケもはずしてホイールがきれいな状態なんだから、振れ取りを頼むなら今なのでは。

前回マングローブ・バイクスで(フルOHの一環で)振れ取りをしてもらってから1,800kmほどしか乗っておらず、修正するほどの振れが出ているかは微妙ですが、念のため診てもらって損はないでしょう。さっそく電話をしてみたら、

「いま選手の車輪が立て込んでて、預りになっちゃいますねー」

とのことでした。

預けてしまうとノー残業デーの平日夜ライド1回ガマンなので、「じゃあまた別の日にでも……」といったんは断ったのですが、どっちみちマングの多忙は変わらんだろうと思い直し、やはり持っていくことにしました。

マングの大将はホイールを一瞥すると

新品ですか?

勝った、と思いました。

「いや、洗いました……」(ドヤッ
「新品みたいじゃないですか! 何で洗ったんですか?」
「台所とかお風呂とかの、ジフで……」(ドヤァッ!

これがこの日のハイライトでしたね。心の中でガッツポーズ

「そうだなあ、やっちゃいましょうか」

預かりと言っていたのに方針が変わりました。タイヤもはずれているしリムサイドも新品同様にきれい、それなら話は別、ということなのかもしれません。実際の作業時間にどれほど影響するかはわかりませんが、やはりこのタイミングで持ち込んで正解でした。

「みなさんこんな風にして持ち込んでいただけると助かるんですけどね〜」
「まずは洗うところから、なんてのもありますからね〜」

かなり影響するもよう(笑)。

振れ取り作業は前後輪あわせて15分ほど。大将のホイールうんちくを聞きながらなのであっという間でした。逆に大将は私がホイール洗浄に使った「ジフ」に少し興味があったようです。振れ取り料金は3,000円。

「実際、修正が必要なほど振れてましたか?」
「う〜ん。後輪は、これなら直して乗ってほしい、という程度には振れてましたね」

振れ量はボーダーラインくらいだったもよう。ふむ。やっぱり1〜2シーズンに1回は必要みたいですね、振れ取り。

しばらく大将と世間話を楽しんだのち、帰宅してタイヤとスプロケの組み込み。

最近はフロントホイールの裏表(ハブのロゴステッカーの向きで判別)やタイヤのロゴの位置も意識して組めるようになりましたよ。ただ、コンチGP4000Sのロゴは180°で2箇所、キシリウムエリートのロゴは120°で3箇所なので、どっちみちカッコ良くはなりません。そうそう、どこかのブログ記事を参考にしてスプロケットのスペーサーの刻印も位置を合わせましたよ。

結局、タイヤの摩耗に気づいたところから始まってドミノ式に振れ取りまで波及してしまいました。早く乗りたい。

CA3I0009.JPG

CS-6800はスペーサー3枚。「11S」の刻印の位置を合わせたんですがわかりますか。

posted by Gyochan at 20:00 | Comment(8) | 自転車

2015年05月26日

碓氷峠 手抜きレポ

こないだ通勤電車で隣のおっさんが読んでる『モーニング』をのぞいてみたんです。

そしたら『島耕作』とか『クッキングパパ』とか『OL進化論』とかの連載がまだ続いててびっくりしました。前世紀の遺物ですよ。いや、島と荒岩に至っては昭和の……。

毎度。俺です。

週末ヒマだったので、友人のピナレロ乗りKをサイクリングに誘ってみたところ、高崎軽井沢を往復する碓氷峠往復ルートを引いてきました。峠越えとしてはそれほどきつそうではなかったので私はこれを受諾。土曜日朝7時に高崎集合を固く約束し、8時半に着きました。遅刻からのスタートです。ド安定。

今回のルートに関しては、他人様のブログですが こちらのすばらしい記事 が我々のルートほぼそのまんまでしかも私が書くよりずっと面白いのでじっくりご覧ください(言語道断な手抜きである)。

ところで今回のサイクリングは、私がガーミンEdge 500Jを導入して最初のヒルクライムとなります。せっかく心拍を見ながら山を登れるのですから、こいつでちゃんとペース管理してみましょう。

これまでにガーミンでとった走行ログ(の雰囲気)を分析すると、私の場合は以下のようなゾーニングが(雰囲気で)できることがわかりました。

120rpm未満 …… おさんぽペース。運動してる気がしない。
120rpm〜140rpm台 ……流しペース。やる気がない。
150rpm台 …… しっかりペース。余裕あり。
160rpm台 …… がんばりペース。あまり長時間は続かない。
170rpm台 …… 苦しいペース。早くやめたい。
180rpm以上 …… 決死のペース。ふらふら必至。

今回はターゲットゾーンを150rpm台の「しっかりペース」と決め、このゾーンを上下に逸脱しないように気をつけながら走ってみることにしました。ガーミンの画面を見て心拍が140台まで落ちたり160を超えたりしたら適宜負荷を調整します(逸脱をアラームで教えてくれる機能もあるはずですが、今回そこまで気が回りませんでした)。

きついところでがんばらない、楽なところで楽をしない

というヒルクライムのコツをどこかで見たことがありますが、これを実践するのにこの150rpm台というゾーニングはうまくハマったようです。時おり10km/hくらいまでスピードが落ちてしまうこともありましたが、気持ちも折れず脚も終わらず、まあまあ元気に走り続けることができました。

峠に着いてわかったことですが、R18の碓氷峠は実は本物の碓氷峠ではなく、さらに上に古来の碓氷峠があるようでした。R18の峠が三叉路になっていて、そこから「見晴台」へと続く林道が伸びていたのです(この道は先ほどご紹介した他人のブログには記述されていません)。

元来ヒルクライムのキライな私ですが、

まだ上へ行く道があるなら峠を攻略したとは言えない

というよくわからない理屈で古来の碓氷峠を目指すことを珍しく主張し、上を目指すことにしました。

国道の最後の1kmで少しがんばってしまったのですでに脚はヨレヨレでしたが、これは行ってよかった。碓氷峠を越えるライダーは「見晴台」までぜひとも行くべきです。素晴らしい眺望でしたし、そばや名物の「力餅」を出す茶店が並んでいて休息にもぴったりでした。国道に比べると舗装がかなり悪いですが勾配は国道までとほとんど違いません。

茶屋のひとつで食事をし、軽井沢は着いた記念に駅で写真を撮っただけ。あとは来た道を折り返します。これがまた爽快でした。道幅いっぱい使ったダウンヒルを思う存分楽しめました。4〜6%くらいの勾配が怖くなくてちょうどいい。

しめて98km。獲得標高は1,000mを超えました。ケツ痛い。

posted by Gyochan at 23:07 | Comment(2) | 自転車

2015年05月21日

走ってます

私はかつてCD屋さんで4年ほどアルバイトをしていたことがあるんですが、最初の2年くらいは「武満徹」を「ブ・マンテツ」だと思っていました(正解は「たけみつ・とおる」)。

毎度。俺です。

気持ちのよい陽気が続く5月。わたくしも自転車に乗っておりますよ。

ライドのたびに記事を立てるつもりだったのですが(というかこのブログは一応その方針)、だいぶ溜めてしまったのでまとめて記録しておきます。

05/05、スキーシーズンが明けて半年ぶりの自転車復帰は大好きな浅川サイクリングロードのポタリングから。この日を選んだのは「長房ふれあい端午まつり」で南浅川がたいへん賑わうからです。

浅川周辺には多摩川のように厳しいバーベキュー規制がないようで、上から下までそこらじゅうで地元のドヤンキーたち家族連れがバーベキューを楽しんでいました。

去年の秋にサドルをサンマルコ・アスピデカーボンFXに交換していたのですが、尻が馴染む前にスキーシーズンに入ってしまい、またイチから尻を作り直しです。それにしてもかたい(私は尻に合うサドルに座るのではなく、座りたいサドルに尻のほうを合わせることにしています)。

帰りは町田街道を回って距離42.56km、平均速度22.4km/h

南浅川の上をたくさんの鯉のぼりが泳ぐ「長房ふれあい端午まつり」

浅川でのんびり羽を休めているのはカワウでしょうか。よく見るとダイサギも混じってます

05/09、GW明け最初の週末は長竹のオギノパン詣で。オギノパンは宮ヶ瀬周辺を走るライダーの立ち寄りスポットとして人気のパン屋さんだそうで、一度行ってみたかったのです。

圏央道相模原ICの完成とともに開通した新小倉橋のバイパスを通り、オギノパンで小休憩 with あんパン。中津川の気持ちいい渓流沿いを下り、高田橋で相模川を渡って上溝・淵野辺へ抜け、デザートに病院坂を上って距離50.18km、平均速度21.9km/h

相模原ICに取り付く新しいバイパス。
できたての道路は路面もいいしコンクリートは白いし気持ち

オギノパンは大勢のドライブ客でにぎわっていました。自転車は私だけ

バイクラックに「ポンプ、チューブ、工具はスタッフまで」

中津川。美しい渓流です

05/13、会社から帰って夜9時からの夜ライド。平日夜ライドはひさしぶりなのでいやになったらいつでも帰れるように(笑)松が谷の周回コースを選択。ここを走るのも久しぶりです。去年の夏に殺人死体遺棄事件があった市民プールの前を通る道です。

最初の一周はゆったり流してウォーミングアップしよう、と走りだす前は思っていたのですが周回コースに入ったらつい踏んでしまい3周で脚がツりました。ツったと言っても半ツり。「ああ、ツる、ツりそう」っていう例のあれ。ヤバイと思ってもツりそでツらないくらいで耐えながら走ることができるようになりました。

5周して32.98km、平均24.7km/hを記録。あれっ。シーズン入りたてにしてはまあまあのペースで走れてるぞ。

大塚橋より。上の白い光の筋は通過中のモノレール

05/17、川崎に住む学生時代の後輩から「パイセン、多摩川走りましょうよ〜、羽田スタートで!」と請われ、ポタリングを企画しました。

全員over 40の部活仲間たち4人(男2女2)で多摩サイの始点・羽田大鳥居に集合(言い出しっぺの後輩以外は全員車載)、そこからいい天気の中のんびりと和泉多摩川まで遡上。和泉多摩川のスポーツ施設「BLUE」で近くに住むやはり同じ部活だったさらに先輩2名を呼び出してランチ。さらに、先輩に付近のスポットなどを案内してもらい狛江散策。腰痛でペースの上がらないメンバーがいたせいもありますが、徹底してのんびりムードのポタリングとなりました。

距離50.32km、平均17.8km/h。結局、心拍が120bpmを上回ることはほとんどありませんでした。脂肪燃えてないですね……。

多摩サイの始点と言われる羽田大鳥居。なぜかピンフと書いてある

なんやら腐れ縁的に20年以上つきあいの続く仲間たち

多摩サイ狛江側の小田急ガード下にある「BLUE多摩川フィットネスクラブ」。この先は狛江ダートになるのでサイクリストは少なく、ここのカフェは穴場。

05/20、前週に引き続き平日夜ライド。夜9時スタート。野猿街道と尾根幹線で多摩ニュータウンを一周する私のレギュラーコースに繰り出しました。ここを走るのは昨年9月以来8ヶ月ぶりです。

後半に連光寺坂を登る設定なので前半はじっくり脚をタメて……と走る前は考えていたのですが、鑓水の登りでつい踏んでしまい、あったまったカラダでその先も踏んでしまい、多摩大にさしかかる頃にはもうヘロヘロ(すでに1回脚がツっている)。俺のペース配分ってこればっかりやな。

コメダ坂を下りながら連光寺坂を登る前に一休みしようと思ったのですがちょうどいいタイミングで信号が青になってしまい惰性で連光寺を登り始めてしまいました。案の定、1/3ほどで脚ツり。今度は両脚。スピードは16km/h台まで落ち、頂上で大休止するハメに……。

しかしそのわりに距離33.26km、平均25.8km/hとなかなか伸びました。ていうか、このアベレージは実は歴代2位の記録です。ガーミンに替えてからは最高記録。う〜ん、先代のサイコンと校正をとりたい気分ではある。

休んでいた時に気づいたのですが、長いあいだ空き店舗だった連光寺坂上の「ヒルトップながさわ」にバイクラックが置かれていました。もともとはクリーニング屋兼雑貨屋みたいなひなびたお店だったんですが、もう閉店して何年もたちます。その「ながさわ」の看板はおろされ、代わりに自転車のオブジェがかかげられていました。

あれえ、こんなのあったっけ? 後日(って今日や)調べてみると、自転車乗り向けの憩いの場のような自転車屋さんのようなカフェのようなよくわからないスペースがつい最近オープンしたようです。facebookにもページができてますね。「サイクルカフェ HILL TOP」だそうです。今度寄ってみようっと。

長池ストレート(俺命名)。ド平坦な直線が2km続く。東向きならド貧脚でも40km出せる快感スポット

posted by Gyochan at 22:57 | Comment(6) | 自転車

2015年05月18日

ツール缶を新調したり(Topeak CagePak)

毎度。俺です。

ひさしぶりの自転車ネタです。

ツール缶を買いました。TopeakCagePakです。トピークケージパックです。あ、すみません。検索エンジンに引っかかりやすいように欧文と和文で2回書きました。

このブログの熱心な読者(その存在は疑問視されていますが)であれば、私の自転車が主に黒と黄色のパーツでコーディネートされていることをご存知でしょう。まさにそんな私のマシンにぴったりなカラーリングのツール缶が登場したのです。

114563_00_d.jpg

114563_01_d.jpg

CA3I0006.JPG

メーカー純正オプションのような収まりの良さ

ツイッターで報告したら「topeak(笑)」と鼻で笑ったツイ友がいましたが気にしません。トピークのどこが悪いんじゃ。

去年の秋の展示会シーズンに、どこかのショップのブログにアップされたこの製品の写真を見て「これしかないわ!」(©榊莫山)と思い、即座にトピークに問い合わせしました。

「いつ頃発売になりますか?」
「来年春頃の予定です」

だいぶばっくりした回答でしたが、ともかく3月以降はネットのあちこちをチェックしまくり、とある通販サイトで購入可能になるや否や買いました。

腹割れタイプのツール缶が登場したのは2、3年くらい前でしたでしょうか。さすがに天下のトピークが先行製品を研究し尽くした上で満を持して発表するツール缶だけあって、使い勝手・質感ともに申し分ありません(ほかと比べたわけじゃないけど)。

大小3つのポケットとネット状になった仕切り板とで、ツール缶に入れておきたいものはだいたいすんなり収納できました。

・替えチューブ1
・替えボンベ2
・CO2インフレーター
・マルチツール
・タイヤレバー2
・軍手片方
・ワイヤーロック

などが造作もなく収まり、まだ余裕があります。配置しだいで替えチューブは2本いけるかな。無理か。今お財布に入れている絆創膏とかも入れられるかな。

CA3I0003.JPG

詰め込んでいるようですがジッパーは楽に閉まります

まだベストレイアウトを見つけていませんが、「CagePakならこれの代わりにこっちを入れられるな」、みたいな携行品の最適化を考えるのも楽しそうです。CagePakの特長である、いろいろ挟めるネット状の仕切り板、これをぜひ有効活用したいですね。いいアイデアはないかな。

と気に入ったのはよいのですが、夏はWボトル体制になってしまうのですぐにまたサドルバッグの出番になってしまうかもしれません。それとも、サドルレールに取り付けるタイプのボトルケージアダプターを追加するか。

ちなみに、今まではOGKのツールボトルを使っていました。

412DJxLaFfL.jpg

このツイストキャップ式のツール缶は何を使うにも中身をいったん全部ぶちまけないといけないので使い勝手はあまりよくありませんね。CagePakがナカナカ使えるとわかったのでもうOGKの出番はありません。

追い打ち的にダメ出しをさせてもらえば、OGKのツールボトルは開口部のふちが鋭利な切断面になっていて、ぞんざいに手を突っ込むと怪我をします。私は指を切って痛い思いをし、すぐに紙やすりで面取りをしました……。OGKのツールボトル、この加工は必須ですぞ。

posted by Gyochan at 22:49 | Comment(4) | 自転車

2015年05月15日

CSS3で題字をいじる

いつも遅れてくるバスが珍しく定刻に来ました。降りる時に運転手さんがマイクで「本日はー到着が遅れましてーたいへんご迷惑をおかけしましたー」

一本前のバスでした。

毎度。俺です。

このブログは基本的にスキーと自転車のブログなのでこれから私が書く記事に興味を持たれる読者はきわめて少ないと思いますが、そんなことは1ミリグラムも気にせず好きなことを書きます。

今回はブログ題字(てっぺんの「せめてひとなみに。」という大きなタイトル)のあしらいを少しいじってみました。

デフォルト状態はこちら。

1.png

あまりに本文の字が小さくて老眼殺しのデザインだったので全体に字を大きくしたほか、書体を「游ゴシック体」に変更しています。その状態がこちら。

2.png

游ゴシックを標準で備えているOSがまだ限られている(Windows8.1以降とOSX Marvericks以降)ため、この通りの見栄えにならない環境も多いかと思いますが、仕事ではないのでそんなことは1ppmも気にしません。

テキトーに選んだテンプレートですが、背景の雰囲気がなかなかよいのでこれに合わせて題字のあしらいも変えてみましょう。もう頭の中にイメージはできています。

まず、文字色を白に変更します。

3.png

印象が軽やかになりましたが、背景の空とのコントラストが小さくて少し読みにくくなってしまいました。そこで、文字に影をつけます(後の作業を考慮してコントラストは少しきつめにしています)。

4.png

文字が浮き出て読みやすくなりました。影の色は背景画像の樹の影のあたりからスポイトで濃い色を拾い出しています。このためにわざわざ調色するのが面倒だったからですが、すでに使われている色から同系色を選べばだいたい間違いないとも言えます。

上に書いたとおりコントラストを少しきつめにしましたので、文字と影を全体的に少し透けさせて背景となじませます。それがこちら。

5.png

水彩画ちっくな題字になりました。もちろん、ぼかし量や透過率などをいろいろ増減させてみて自分の気に入るバランスにしています。

ちょっとおぼろすぎる感じもしますが、いったんこれでFIX。

最後に、今回の改修でいじったCSS。この記事と関係ない部分は省略しています。プロパティで言うと text-shadow と opacity の部分がCSS3です。

h1 a {
    color       : #fff ;              /* 文字色 */
    text-shadow : 0 0 10px #0b1574 ;  /* 影 */
    opacity     : 0.666 ;             /* 透過率 */
}
posted by Gyochan at 20:00 | Comment(0) | ブログ