2015年03月03日

1年ぶりのKキャンプ [day 23]

毎俺。

サクサクモードの滑走メモは続きます。

2/14バレンタインデー、ブログ友かいぞー氏の主催するトレーニングにまたお誘いいただきました。場所は前回と同様、菅平オオマツ

思えば私のレーシング事始めは去年のこのキャンプでした。ブログにも記事を何回かにわたって書いているのでよほど楽しかったのでしょう(笑)。

今回も楽しかったですよ。日程は二日間だったのですが、私は二日目に別の予定が入っていて一日目だけの参加となりしたが、それでもいろいろ新体験をしました。

午前中フリーののち、貸しバーンに移動。練習セットは振りもインターバルも等間隔のスラ基礎練習セット。上部の斜度のきつい部分はネトロン、下部の緩斜面ではネトロンとロングポールの選択式となりました。同じセットを左右入れ子に張って、右始まりでも左始まりでも滑れるようになっています(かつ、コース荒れも半分になります)。

0601

まずはフリーでポジションチェック。コーチはカメラを回しています

0602

自主トレなのでポールセットも参加者全員でやります

今回の新体験は、三つ。

斜度のきついところでも「ここに斜度はない!」と強く思い込んだらスキーを止めずに回せた。斜度が変わってもポジション変えちゃダメってことね。知ってたけど。

脚をネトロンに当てに行ったらわりと簡単に当たった。今まで「当たらない」と嘆いていたのは、単にスキー板の通り道をありありとイメージできていなかっただけ。「内足の足首で刈る」イメージ。

逆手でポールをはじいてみた。私の遠いラインでは順手でさばいたほうがまだ速いんだけれど、何事も経験です。少なくとも手は届いたぜ。けど、なぐるのに必死でポールに板を引っ掛けて大転倒した。←いずれ動画を公開します

などなど、半日のポール練でじゅうぶんな収穫。このキャンプはスラロームのごくごく基礎的な部分を楽しみながら学べるのでほんとに得がたい催しです。かいぞー氏に感謝。

posted by Gyochan at 20:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | スキー