2014年07月30日

基礎スキーについて考えてみた

注文してもいないアダルトDVDを送り付けて、その代金を執拗に請求するという悪徳商法が横行しているらしいですね。私も被害を受けたいです。すぐに送ってきなさい。

毎度。俺です。

久しぶりにスキーのへっぽこ技術論を書くぞ〜。

SAJ教程がわりと常識的なものに変わった昨シーズン以来、基礎スキー界隈でのホットな技術談義(要するに口げんか)もだいぶ沈静化した感じですね。沈静化したとは言いつつも、いざ技術論となると相変わらずブログが荒れたりはしているようですし、対象なきアンチによるハイブリッド叩きがいまだに健在なのも面白いです。死者に鞭打つというか。

私も一昨シーズンに「ハイブリッドスキーイングつまんね」と感じて離脱して以来どちらかというとアンチSAJの立場をとるようになってしまいましたが、最近は考えが変わってまいりました。再びSAJになびいた、という意味ではありません。

SAJがどんなヘンテコな教程を掲げたって別に構わないではないか

ムキになってSAJ教程を叩くのは間違いではないか

だって、

基礎スキーはローカル競技であり、そのルールについて部外者が口出しする筋合いはないでしょ

ということです。

この基礎スキーという世界でほかに類を見ない競技形態のスキー、どちらかというとフィギュア競技に近く、シュプールの軌跡やシルエット、流麗さ、迫力といった芸術性を重んじる採点競技です。

滑走運動の合理性は問われるもののタイム計測などが行われるわけではなく、滑走している姿を見て審美的に採点が行われますので、かつてのフィギュアスケートの規定演技や、武道の「形(かた)」などに近いものでしょう(フリースタイルスキーも同様ですが、技の独創性や難易度などが評価基準ですのでこちらは体操競技に近そうですね)。

このような日本オリジナルの競技形態が形成されていった歴史的背景は私には想像することしかできませんが、箱庭のように狭い日本のスキー場という環境的要因とか、習い事を好む日本人の国民性とよくフィットしたことがあるのかなあと思います。級や段を与えて指導者を目指す昇段システムは日本のあらゆる武道やお稽古ごとに深く根付いた仕組みですからね。

で、この採点競技の採点基準となるのが悪名高いSAJ教程なわけですが、これの評判が、近年、すこぶる悪かった。

お稽古ごととのアナロジーで話を進めますが、教程は武道で言えば指南書に相当するわけで、それこそがSAJ宗家のオリジナリティでありアイデンティティなわけですよね。ですから、SAJ一門が弟子にどんなスキーを学ばせようが、ほかの流派の人間に口出しされる筋合いはないと思うのです。

なのにどういうわけか、SAJ教程はここ数年の間、部外者から激しい非難を浴び続けました。

余計なお世話ではないでしょうか

SAJ教程があそこまで叩かれた背景と、そこから導き出される日本のスキー産業を取り巻く問題点などについてはまた稿を改めて。

posted by Gyochan at 20:00 | Comment(12) | TrackBack(0) | スキー

2014年07月23日

走ってることは走ってる。

ツール・ド・フランスが始まってしまい、日中は急いで仕事を片付け定時で退社、帰宅したら晩飯食いながら観戦、日付変わるまでテレビの前にいて中継終わったら即就寝、という生活を続けておりますとまったくブログが書けませんな

毎度。俺です。

ブログはご覧の有様ですが、自転車には毎週末ほそぼそと乗り続けております。

地元・松が谷団地の周回コースで負荷をかけたり、サーティーフォー相模原球場に母校の高校野球応援にでかけたりと、ここのところ30km程度のショートライドが多かったので、ちょっとロングでも、と、連休最終日に江ノ島まで行ってきました。海の日ですからね。

多摩川をひたすら下れば川崎に、鶴見川をひたすら下れば横浜に出るように、江ノ島には二級河川「境川(さかいがわ)」をひたすら下れば行くことができるようです。境川は町田市を源流として大和市、藤沢市と通って相模湾に注ぐ小さな川。相模川を10kmほど東にコピペして規模をずっと小さくした感じと言えば伝わるでしょうか。伝わらないでしょうね。

境サイ(今命名)は多摩サイや荒サイほど一気通貫したサイクリングロードではありませんが、途切れたり道路を渡らされたりしつつも、藤沢あたりまで比較的快適な歩行者・自転車専用道が続きます。区間によっては舗装も新しく、バイクラックが常設された憩いの場までありましたよ。

この日は晴れたり曇ったりの天気で気温が上がりきらず、たいへん走りやすい。後半向かい風に少し悩まされましたが、これも帰り道で追い風になってくれると思えば気分もラクです。風向きが変わらなければね

藤沢駅のあたりでCRはなくなってしまうので国道467号を使って江ノ島に出ました。自転車で相模湾まで来るのは2011年11月に大磯で大落車して顔面12針縫った時以来です(縫われた顔のまま帰りの50kmも自走した)。

おお江ノ島だ、と思った瞬間目に飛び込んできたのが半裸の女性たち

そうでした。海の日の江ノ島は海水浴客でいっぱいなのでした。

ということはビキニ姿の若い女の子もたくさんいるわけで。

ほぼハダカと言っていい姿の女性たちがうじゃうじゃいて、長くいるとレーシングパンツが変形しかねない眺めだったので海岸は早々に退散しました。家を出たのが昼頃だったので、あまりのんびりしている時間もありません。日が暮れるまでには帰りたい。

来た道を戻ればよかったのにR467から境サイに戻るタイミングがよくわからなくてしばらく迷子になったりしましたが、道中の大半でうれしい追い風に押されながらスイスイ走ります(風向きは変わりませんでした!)。

ロングライドの帰り道が追い風というのは本当にうれしい。助かる。私の場合、100kmほどのサイクリングだと70km以降のめんどくささがひとつの壁(飽きてしまうんですな)なのですが、追い風に押されていると回しているだけでも27〜8km/hは出てしまう。さらに幸運なことに、大和あたりの区間では私のいない間に夕立が通ったらしく、空気がひんやりと冷えていました。

なんだか色々とめぐり合わせの良い条件だったのでついつい踏んでしまいました。真夏のロングライドで最後まで元気いっぱい踏めたのはめずらしい。昼前に家を出て帰宅したのが17時頃。帰り着いてサイコンを見たら97km走っていました。最後に病院坂を登るのがめんどくさくて多摩境まで大きく迂回して帰ったのはここだけの話にしておくとして、久しぶりにたっぷり走れて満足でした。

境川サイクリングロードについてちょっとまとめておきましょう。

<よい点>
・田園風景が気持ちいい区間が少しある
・歩行者・自転車の通行量はさほど多くない(多摩サイとの比較)
・舗装が良い区間がある(藤沢大和自転車道の一部区間等)
・(平面交差の前後以外に)速度抑制のゲートや凹凸舗装などがなく快適
・俺より速いヤツがあんまり走っていない

<わるい点>
・大部分の区間で住宅地を縫うように流れる川なので眺望はイマイチ
・未整備・未舗装区間がありサイクリングロードとしては不連続
・全体に道幅が狭い。また、見通しが悪い箇所がある
・交差する道路とはほとんどが平面交差で橋の間隔も短いため、頻繁に減速・一時停止・信号待ちが必要

総合すると、ポタリングにはちょうどよいがトレーニング向きのCRではないですね(CRでトレーニングすんなよっていう話ですが)。レーシングジャージを着たグループとも何度かすれ違いましたが、みなさん談笑混じりのサイクリングだったようです。よかよか。

雰囲気としては鶴サイの上流域に近いかな。人間の数が鬱陶しい多摩サイや、くぐりにくいゲートが鬱陶しい荒サイなどに比べれば私はこっちのほうが好きですね。

そんなで

posted by Gyochan at 20:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車

2014年07月02日

Emondaが軽すぎるワケ

せっかく圏央道の東名〜中央道間が開通するのに Google Maps にちっとも反映されません。なにやっとんじゃ。

毎度。俺です。

トレックから意欲的なロードバイクが発表されましたね。EMONDA。ライトウエイトがテーマらしいこの車種、最上位モデルSLRは完成車重量4.65kgっていうからハンパな軽さじゃないです。

誰だ、大手メーカーの過当な軽量化競争はすでに終わっているなんて言ったやつ。みんなまだまだ全然やる気じゃねえか。

SLRシリーズはコンポ別に4車種ラインナップされていますが、どれひとつとしてUCIの最低重量規定をクリアしていません(もっとも重いアルテグラモデルですら6.6kg)。つまり錘(おもり)を積まなきゃ公式戦に出られない。

腑に落ちません

果たしてこんな軽いだけの自転車にどれほどのニーズがあるんだろうと考えてしまいます。ヒルクライムレースに使う分にはたいへんな攻撃力だろうと思いますが、しかしヒルクライムレースがこんなに流行しているのは国土が山がちな日本だけだとも聞いたことがあります。

マドンにしろドマーネにしろ、トレックはトップレースで使うことを前提に開発し、そして実際にバンバン投入されていますよね。エモンダだけは違うのでしょうか。

そう考えるには自社製ダイレクトマウントブレーキやらステム一体型ハンドルやら、このモデルには相当な開発費が注入されていることが見て取れますし、ラインナップも上から下までフルラインナップ取り揃えられています。レースに投入しないことが前提のモデルにしては前のめりすぎる気がしませんか。

腑に落ちません

もしかしてトレックは……

UCIが近いうちに最低車両重量規定を見直すという確かな情報をつかんでいるのでは……

と、つい邪推してみたくもなります。

(2014.7.9追記)エモンダはツール・ド・フランスで実戦投入されていました。キログラム単位のバラストを積んでいることは確実です。

ところで、全然話は変わりますが、トレックの車種名「Madone」「Domane」「Emonda」はいずれも同じアルファベット6種の順列組み合わせ(アナグラム)で命名されていることにお気づきでしょうか? ドマーネが出た時は「偶然かな?」と思いましたが、エモンダに至ってこれは間違いないですね。トレックはこの線で行くようです。

ならば。

今後発売される車種もこの路線で命名されるならば。

名前に使われそうな組み合わせを先回りして商標登録してしまえば、後でトレックにそれを高値で転売することができるのでは? なんて考えてみたり。

もちろん私はそんなことする気はありませんが、もしやってみようと思う方がいましたらどうぞ。

以下に M, A, D, O, N, E 6文字の順列組み合わせ720通り全部を列挙しておきます。中には発音できないものもありますが。

AdemnoAdemonAdenmoAdenomAdeomnAdeonmAdmenoAdmeon
AdmneoAdmnoeAdmoenAdmoneAdnemoAdneomAdnmeoAdnmoe
AdnoemAdnomeAdoemnAdoenmAdomenAdomneAdonemAdonme
AedmnoAedmonAednmoAednomAedomnAedonmAemdnoAemdon
AemndoAemnodAemodnAemondAendmoAendomAenmdoAenmod
AenodmAenomdAeodmnAeodnmAeomdnAeomndAeondmAeonmd
AmdenoAmdeonAmdneoAmdnoeAmdoenAmdoneAmednoAmedon
AmendoAmenodAmeodnAmeondAmndeoAmndoeAmnedoAmneod
AmnodeAmnoedAmodenAmodneAmoednAmoendAmondeAmoned
AndemoAndeomAndmeoAndmoeAndoemAndomeAnedmoAnedom
AnemdoAnemodAneodmAneomdAnmdeoAnmdoeAnmedoAnmeod
AnmodeAnmoedAnodemAnodmeAnoedmAnoemdAnomdeAnomed
AodemnAodenmAodmenAodmneAodnemAodnmeAoedmnAoednm
AoemdnAoemndAoendmAoenmdAomdenAomdneAomednAomend
AomndeAomnedAondemAondmeAonedmAonemdAonmdeAonmed
DaemnoDaemonDaenmoDaenomDaeomnDaeonmDamenoDameon
DamneoDamnoeDamoenDamoneDanemoDaneomDanmeoDanmoe
DanoemDanomeDaoemnDaoenmDaomenDaomneDaonemDaonme
DeamnoDeamonDeanmoDeanomDeaomnDeaonmDemanoDemaon
DemnaoDemnoaDemoanDemonaDenamoDenaomDenmaoDenmoa
DenoamDenomaDeoamnDeoanmDeomanDeomnaDeonamDeonma
DmaenoDmaeonDmaneoDmanoeDmaoenDmaoneDmeanoDmeaon
DmenaoDmenoaDmeoanDmeonaDmnaeoDmnaoeDmneaoDmneoa
DmnoaeDmnoeaDmoaenDmoaneDmoeanDmoenaDmonaeDmonea
DnaemoDnaeomDnameoDnamoeDnaoemDnaomeDneamoDneaom
DnemaoDnemoaDneoamDneomaDnmaeoDnmaoeDnmeaoDnmeoa
DnmoaeDnmoeaDnoaemDnoameDnoeamDnoemaDnomaeDnomea
DoaemnDoaenmDoamenDoamneDoanemDoanmeDoeamnDoeanm
DoemanDoemnaDoenamDoenmaDomaenDomaneDomeanDomena
DomnaeDomneaDonaemDonameDoneamDonemaDonmaeDonmea
EadmnoEadmonEadnmoEadnomEadomnEadonmEamdnoEamdon
EamndoEamnodEamodnEamondEandmoEandomEanmdoEanmod
EanodmEanomdEaodmnEaodnmEaomdnEaomndEaondmEaonmd
EdamnoEdamonEdanmoEdanomEdaomnEdaonmEdmanoEdmaon
EdmnaoEdmnoaEdmoanEdmonaEdnamoEdnaomEdnmaoEdnmoa
EdnoamEdnomaEdoamnEdoanmEdomanEdomnaEdonamEdonma
EmadnoEmadonEmandoEmanodEmaodnEmaondEmdanoEmdaon
EmdnaoEmdnoaEmdoanEmdonaEmnadoEmnaodEmndaoEmndoa
EmnoadEmnodaEmoadnEmoandEmodanEmodnaEmonadEmonda
EnadmoEnadomEnamdoEnamodEnaodmEnaomdEndamoEndaom
EndmaoEndmoaEndoamEndomaEnmadoEnmaodEnmdaoEnmdoa
EnmoadEnmodaEnoadmEnoamdEnodamEnodmaEnomadEnomda
EoadmnEoadnmEoamdnEoamndEoandmEoanmdEodamnEodanm
EodmanEodmnaEodnamEodnmaEomadnEomandEomdanEomdna
EomnadEomndaEonadmEonamdEondamEondmaEonmadEonmda
MadenoMadeonMadneoMadnoeMadoenMadoneMaednoMaedon
MaendoMaenodMaeodnMaeondMandeoMandoeManedoManeod
ManodeManoedMaodenMaodneMaoednMaoendMaondeMaoned
MdaenoMdaeonMdaneoMdanoeMdaoenMdaoneMdeanoMdeaon
MdenaoMdenoaMdeoanMdeonaMdnaeoMdnaoeMdneaoMdneoa
MdnoaeMdnoeaMdoaenMdoaneMdoeanMdoenaMdonaeMdonea
MeadnoMeadonMeandoMeanodMeaodnMeaondMedanoMedaon
MednaoMednoaMedoanMedonaMenadoMenaodMendaoMendoa
MenoadMenodaMeoadnMeoandMeodanMeodnaMeonadMeonda
MnadeoMnadoeMnaedoMnaeodMnaodeMnaoedMndaeoMndaoe
MndeaoMndeoaMndoaeMndoeaMneadoMneaodMnedaoMnedoa
MneoadMneodaMnoadeMnoaedMnodaeMnodeaMnoeadMnoeda
MoadenMoadneMoaednMoaendMoandeMoanedModaenModane
ModeanModenaModnaeModneaMoeadnMoeandMoedanMoedna
MoenadMoendaMonadeMonaedMondaeMondeaMoneadMoneda
NademoNadeomNadmeoNadmoeNadoemNadomeNaedmoNaedom
NaemdoNaemodNaeodmNaeomdNamdeoNamdoeNamedoNameod
NamodeNamoedNaodemNaodmeNaoedmNaoemdNaomdeNaomed
NdaemoNdaeomNdameoNdamoeNdaoemNdaomeNdeamoNdeaom
NdemaoNdemoaNdeoamNdeomaNdmaeoNdmaoeNdmeaoNdmeoa
NdmoaeNdmoeaNdoaemNdoameNdoeamNdoemaNdomaeNdomea
NeadmoNeadomNeamdoNeamodNeaodmNeaomdNedamoNedaom
NedmaoNedmoaNedoamNedomaNemadoNemaodNemdaoNemdoa
NemoadNemodaNeoadmNeoamdNeodamNeodmaNeomadNeomda
NmadeoNmadoeNmaedoNmaeodNmaodeNmaoedNmdaeoNmdaoe
NmdeaoNmdeoaNmdoaeNmdoeaNmeadoNmeaodNmedaoNmedoa
NmeoadNmeodaNmoadeNmoaedNmodaeNmodeaNmoeadNmoeda
NoademNoadmeNoaedmNoaemdNoamdeNoamedNodaemNodame
NodeamNodemaNodmaeNodmeaNoeadmNoeamdNoedamNoedma
NoemadNoemdaNomadeNomaedNomdaeNomdeaNomeadNomeda
OademnOadenmOadmenOadmneOadnemOadnmeOaedmnOaednm
OaemdnOaemndOaendmOaenmdOamdenOamdneOamednOamend
OamndeOamnedOandemOandmeOanedmOanemdOanmdeOanmed
OdaemnOdaenmOdamenOdamneOdanemOdanmeOdeamnOdeanm
OdemanOdemnaOdenamOdenmaOdmaenOdmaneOdmeanOdmena
OdmnaeOdmneaOdnaemOdnameOdneamOdnemaOdnmaeOdnmea
OeadmnOeadnmOeamdnOeamndOeandmOeanmdOedamnOedanm
OedmanOedmnaOednamOednmaOemadnOemandOemdanOemdna
OemnadOemndaOenadmOenamdOendamOendmaOenmadOenmda
OmadenOmadneOmaednOmaendOmandeOmanedOmdaenOmdane
OmdeanOmdenaOmdnaeOmdneaOmeadnOmeandOmedanOmedna
OmenadOmendaOmnadeOmnaedOmndaeOmndeaOmneadOmneda
OnademOnadmeOnaedmOnaemdOnamdeOnamedOndaemOndame
OndeamOndemaOndmaeOndmeaOneadmOneamdOnedamOnedma
OnemadOnemdaOnmadeOnmaedOnmdaeOnmdeaOnmeadOnmeda
posted by Gyochan at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車

2014年07月01日

散財ウィーク

毎度。俺です。

ここしばらく、このブログの記事に写真がないことにお気づきでしょうか。私は気づいていました(あたりまえだ)。実はPCがブッ壊れてしまい画像をあれこれすることが一時的にしにくくなっているのです。

壊れたPCからのデータサルベージに数万円。PC買い替えに数万円。ぎゃー。ぐぉー。そんなカネはない。そんなカネはないぞ!

金がない金がないとつぶやきながらPC屋を出た足でクルマを走らせた先は町田のスキープロショップ、カンダハー。神田のカンダハーを神田ハーと呼ぶ場合、町田のカンダハーは町田ハーと呼ぶべきでしょうか。

告白いたしますと、わたくし、来シーズンを「競技スキー元年」と位置づけております。かいぞーさんという愉快なレーサーと知り合ったことがきっかけ。来年1月末には草レースデビューを勝手にブッキングされてしまいました。心の準備とか

町田ハーを訪うた(おとのうた)のは競技スキー入門にあたって揃えておくものやその予算感などについて相談するためです。板はすでに伍号機というSL板があり、さしあたりSLもGSもそれを使いまわす予定。なのでご相談はそれ以外のモノ。

町田ハーの鈴木店長いわく、

「まずはワンピースを着るか着ないかですね。普通のウエアでもレースには出られるので、一度草レースに出てみて競技スキーとはどんなものか、どのくらい楽しいのか、続けていけそうかを判断してからワンピースを買うのでも遅くないと思います」

「競技を始めてしばらくはポールには怖くて当たれませんから、パンチガードとかレガースとかのプロテクター類はうまくなってから、もっとポールに寄りたくなってから買うのでいいと思います。最初は必要ありません」

「GSの大会はパンチガードのついたストックが禁止されていることが多いです。GSのスピードで雪面にパンチガードを引っかけると手首を折ってしまうことがあるからです。パンチガードの取り外しは手間ですから、パンチガードの購入と同時にGS用のストックを買うのが普通ですね」

なるほどなるほど。

ちなみに奇遇なことに鈴木店長とは(スキーとは関係なく)共通の友人が何人かいまして。お友達のお友達でした。店長の古い友人によると彼の高校時代のあだ名は「かっちー」と言うらしいですがその由来は伏せます。

話がそれた。ワンピースは、これはもう必須だろうなと私は考えてまして。

着ているモノでスピードが全然違うことは自転車でさんざん経験済みです。

Tシャツにレジャーパンツの友人とサイクルジャージにレーシングパンツの私、このふたりで同じ坂道を下ると、ペダルを踏んでいる友人に対してペダルを止めている私がどんどん追いついてしまうのです。風にバタつく服を着て自転車に乗るのはブレーキをにぎったまま走っているようなものです。

競技スキーもきっと同様。いえ、速度域はスキーのほうが自転車より上ですから、服装の影響はスキーのほうが自転車よりむしろ大きいでしょう(空気抵抗は速度の二乗にほぼ比例します)。なのでワンピースは必須。ワンピースを着ないでレースに出るのはタイムを縮める気がないと思われてしまいます。

なんてことを考えながら店長の話を聞いていたらこの時期はシーズン落ち品の在庫の動きがとても激しいこと、デザインがすごく好みなかっちょええワンピースがひとつあったこと、そのサイズが俺にぴったりだったことなど、たいへん好ましからざる偶然が重なってしまい、しばし(タバコ一服)悩んだ末、鈴木店長にクレジットカードを手渡しておりました……。

ああ、ワンピなんてもんを買っちまった……。

もう後戻りできない……。

あ、実はビンディングも買ってます。レースに使う予定の競技板にはまだビンディングがなかったのですが、シーズン落ちモデルの在庫が町田ハーにあったのでそれもついでに……ふらふらと……まあ試合に出るためにはどうしたって必要なものなんだけどさ……。

あ、ついこないだサイクリングジャージも1着(しかもたぶん着もしない観賞用ジャージ)も買ってるな。

そう考えるとほかにも、あれだ、これだ、無駄遣いしてるなあ……。

PCの故障などやむにやまれぬ出費もあるものの、全体として最近ちょっとマズイ浪費をしている気がします。まあ、そういう心理状態に陥っている原因には心当たりがありますが、ともかくちょっと引き締めないと冬場スキー場に行くカネがなくなる

posted by Gyochan at 20:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | スキー