2012年11月14日

ワクシング休暇。

有休とりました。

ほんとは狭山に行くつもりだったんだけど、外のぽかぽか陽気を見てなぜか急にまったくそんな気分じゃなくなってしまい。

お陽様にあたりながら、今日は一日オンモでワクシングすることにしました。

なんやかんや忙しくてちっとも進んでいなかった弐号機(ブリザード)のベース作り。

$せめてひとなみに。-ワクシング風景

屋外作業、寒い日は寒い

これから季節は冬に向かい、外での作業は寒くてしんどくなってきます。今日のような日に進めるだけ進めておきたい。

つうわけで、ガリウム白を塗っては冷やし塗っては冷やし。何回繰り返したでしょうか。忘れました。途中から回数わかんなくなった。中年は短期記憶がポンコツです。

まあ、今日までに入れてた3発も含めてだいたい10発くらいは入ったんじゃないかということで、本日にて、弐号機の白フェーズは終了! 次回より青フェーズに突入します。

posted by Gyochan at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2012年11月13日

Googleマップはスキー場が冬

Google マップでスキー場の位置関係などを調べていて、ふと表示を航空写真に切り替えてみたところ、

せめてひとなみに。-ASAMA2000

ASAMA2000

粋なはからいですな〜。

Googleマップの航空写真は山の青さなどから察するに春夏の晴天昼間のものが使われるようなのですが、一部のスキー場周辺に限っては冬の写真が使われているみたいです。

ほかにも、

せめてひとなみに。-鹿沢

鹿沢

せめてひとなみに。-菅平

菅平

せめてひとなみに。-しらかば2in1

しらかば2in1

せめてひとなみに。-ピラタス

ピラタス

せめてひとなみに。-白樺高原国際

白樺高原国際

せめてひとなみに。-小海リエックス

小海リエックス

せめてひとなみに。-ブランシュたかやま&エコーバレー

ブランシュたかやま&エコーバレー

などなど。

ただし、すべてのスキー場で冬の航空写真が使われているわけではありません。湯沢や志賀、白馬といったメジャー地域では夏の画像が使われています。おそらくこれらのメジャー地域は降雪量が豊富であり(だからメジャーなのよ)、したがって冬場は晴天の日が少なく、したがって雲のない写真が撮れない、ということなのだと思います。

ではここで問題です。下の航空写真のスキー場はどこでしょう。

せめてひとなみに。-湯の丸

道路を挟んで北に1コース、南に4コース……

posted by Gyochan at 23:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | スキー

2012年11月12日

今シーズンの目標!

毎度。

プレシーズンに入り、スキー馬鹿の皆様におかれましては、狭山や早期オープンのスキー場で足慣らしをしたり届いたばかりのおニューの板にほおずりしたりしつつ、いよいよ頭の中はスキーのことでいっぱいであろうことと思います。

私も狭山スキー場でリフトを待ちながら(狭山なんかにつきあってくれる友達はおらぬので、いつも一人でボーッと)、今年はあー滑ろうかなこー滑ろうかなと思案をめぐらせております。

で、決めました。

わたくし、今シーズンは目標を立てません

何の目標も持たずに生きていくことにします

一般に人が成長するためには、具体的な目標を設定し、それを達成するための行動計画を立て、その計画を実行に移し、目標を達成したら次の目標を設定し……といった風にやりゃーいいとされています。サラリーマンはみんな会社でやらされていることでしょう。スキーも、上達したいんだったらおなじみのこのサイクルに落とし込めばよいわけです。きっと効率的に、うまくいけば最短距離で上達していけることでしょう。

はあ。

しかしわたしゃそういう、「ハイ、目標に向かってこれとこれ! あと次回までにこれもね!」みたいなの、正直しんどいですわ。目標設定が効果的なのはよくわかりますけども、趣味やレジャーの場面でまで目標に追いかけられるなんてまっぴらです。

だって、目標に追いたてられる焦燥感から解放されたくて遊んでるんですから。

昨シーズンはSAJ2級の取得を目標にしていましたが、デスマーチ案件に巻き込まれて3月と4月をほぼ棒に振り、受検はおろかそのための練習すらできないままシーズン終了という憂き目に遭いました。焦りもしましたし、がっかりもしました。仕事を呪いもしました。

しかし、その目標を達成できなかったからどうだというのでしょう。無限に広がる大宇宙には何も影響ありません。なにをクヨクヨしているのかと。目標なんか立てたりするから本来クヨクヨしなくていいことにまでクヨクヨしなくちゃいけなくなるのです。自発的にクヨクヨしてどうしますか。

あ、そうすること(目標に向かってがんばるレジャー)を楽しいと感じる人がいる、ということはよく承知しておりますよ。余暇の楽しみ方は人それぞれ。それについてはまったく文句ありません。私とは違うね、というだけ。

SAJの2級SIAのシルバーはいずれほしいと思ってますが、これらの取得を自己目的化するつもりは毛頭ありません。これらを持っていれば胸を張って中級者を名乗れるとは思いますが、持ってなくちゃ中級者を名乗れないといった性格のものではありませんよね。

私ははじめのうち「趣味でスキーをやる人はみんながむしゃらに検定を目指すものなのだ」と誤解していましたが、「そうでないまったく違った生き方もある」ということにだんだん気づいてきました。

私にとってスキーの目的はあくまでも余暇を楽しみ、安らぐこと。その過程で級がもらえるチャンスがもしあるのならもらっておきましょう、というくらいの気持ちで今はおります。そんな甘い気持ちで検定に受かるものかとおっしゃる向きもあるでしょうが、わたくしスキーは甘い気持ちで楽しみたいので、それでもらえないものはもらえなくても別にかまいません。

ここまで書いて、なんだか本論全体が今シーズンも2級に受からなかった時のための壮大な予防線にも読めてしまうことに気づきました。まあ、そうとってもらってもいっこうにかまいません。受かるし

posted by Gyochan at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2012年11月11日

なんか届いてた。

きのう、うちに帰ったらでかい箱が届いていました。

せめてひとなみに。-宅配便

なんだろう

開けてみると、

せめてひとなみに。-BEHRINGER XENYX X1204USB

BEHRINGER XENYX X1204USB

立派なミキシングコンソールが出てきたではありませんか。

しかしなぜこんなものが私のもとに届いたんだろう。

わかった。

俺が注文したからだ

今まで使っていたミキサーが大事な時に壊れやがったもんであわてて注文して、届くのを心待ちにしてたんだったよ。そうだったそうだった。知ってた

モノラル4チャンネル(各コンプ付き)・ステレオ2系統・AUXステレオ2系統の計12チャンネルに加え、USBオーディオインターフェイス機能と内蔵デジタルエフェクター付きで ¥12,800 は本当にアホの所業としか思われぬ安さ。

時代は変わった。

ちなみに壊れたのはこいつ。8チャンネルで4〜5,000円くらいというやはり気違いじみた安さで数年間よくがんばってくれた。天寿をまっとうしたと言える。

せめてひとなみに。-BEHRINGER XENYX 802

BEHRINGER XENYX 802

posted by Gyochan at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年11月10日

帰りたくない狭山 [滑走日数4]

抜けるような秋晴れの中、またも狭山。

せめてひとなみに。-所沢の空

このブログの写真はほとんど携帯電話のカメラで撮影しているのですが、このように演出過多気味のウソ臭い絵が撮れるので気に入ってます。

せめてひとなみに。-本日の狭山スキー場

本日の狭山スキー場

先週の混雑と比べると今日は少しすいてました、狭山。しかし融雪はさらに進んでごらんのように広々と緑のカーペットが露出してしまっています。こないだまでわりと遠慮がちにやっていた散雪作業も、もうお客に雪が降りかかることなど気にせずに堂々とど真ん中にばーばー撒いてました。

さて、いよいよ私の脚のほうもシーズンインに向けて仕上がってまいりました。

地面が傾いていることにもスキー用具を身に着けていることにも慣れて、滑りからおそるおそる感が消えました。1ターン目のきっかけにトンとストックを突く私のいつもの所作が勝手に出てきたのでもう安心。いつでも本物のゲレンデに出られます。

今日の狭山はゲレンデ上の人口密度がやや高くてのびのび滑れる感じではありませんでしたが、それでも前方クリアなタイミングがあったら斬っていくターンも試みました。

あ、基本わたし、狭山のてっぺんに立ってコースクリアになるのをじりじり待つということをいたしません。リフトから降りたその行き足のまますとんとコースに出てしまうことにしています。とにかく本数を滑りたいというのもありますし、コース上がどんな状況だろうとそれに応じた滑り方をその場で判断して滑ればよく、そうして滑るのもまた楽しいからです。というか、そういう練習をしにくる時期・場所である、と思うことにしています。

「ここからあすこまで何ターンで滑ろう」なんて練習はちゃんとシーズンに入ってからすいてて広いリアルスキー場でやればよいです。そもそも狭山の場合、私が気持ちいいと感じるターン弧の幅よりもスキー場のほうが狭いですから……。

話がそれました。

足慣らしの外向傾ズラシ滑りからカービングへ移行は感覚的になかなか難しいですが、左ターンはかたちになってきました。苦手な右ターンは相変わらず無意識に左外足のひねりズラシが出てしまい斬る感じになかなかなりません。B線側(コース左側)ばかり滑るので右ターンは壁が近いせいかしら。

前々回よりも前回、前回よりも今回、という感じで動けてきているのがうれしくて、正味3時間も滑ってしまいました。週末とはいえいろいろやらなければいけないこともあり、後ろ髪引かれつつ切り上げましたが、もしヒマだったらもっと滑っていたと思います。狭山で帰りたくないと思うことなんてほとんど初めてだなあたぶん。

せめてひとなみに。-無料引換券

そういえば今日、10ポイントたまったとかでリフト券(フルタイム or オールナイト)の無料引換券をもらいました。えっ。まだ今シーズン4回目だから10ポイントもたまるはずないよ。公式サイトをよく見ると年内にメンバー更新手続きをすると昨シーズンのポイントが引き継がれるようです。うん、たしかに昨シは6回滑った。あれ? でもそのうち1回はたしか 5ポイントたまった景品の3時間無料券 を使ったはずだぞ。タダ券でもポイントつくのか。気前いいなあ……。

ともあれ、年内にまだあと何回かは来るはずなので、ありがたく使わせていただきましょう。

posted by Gyochan at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー