2016年07月27日

しつけえ外人だな

乗るしかない、このビッグウェーブに!

……アレ? 乗り遅れた?

毎度。俺です。

ここ数日、おかしな検索キーワードでこのブログを見に来る人がちらほらいるので不審に思って調べてみたのですが……

スキーを盛り上げてくれる仲間を侮蔑されたんじゃ黙っていられない

昨シーズン当ブログでたいへんなご好評をいただきました「人気ブロガーをカンカンに怒らせちゃいましたシリーズ」を、先方が今ごろ蒸し返していました。

あのー、おたくの読者さん、困って検索してらっしゃるみたいなんで、僕の記事に直リン張ってもいいですよ別に(笑)。

さて、最近このブログを読み始めた読者の方にかいつまんでご説明しますと、「人気ブロガーをカンカンに怒らせちゃいましたシリーズ」とは、私が人気ブロガーをカンカンに怒らせちゃったという悲しい事件をもとに書かれた一連のブログ記事のことをいいます。

バックナンバーはこちら。

ある日のアサマ2000
案の定、怒らせてしまいました
怒りの考察《1》

《1》で終わってるし(笑)。

と申しますのも、

この件に時間とエネルギーを割くのは人生のリソースの浪費である

と判断して途中で更新放棄していたんです。

記事に寄せられたコメントや周囲から直接聞いた感想は「いいぞもっとやれw」だったんですが、負のエネルギーでモノを書くのって楽しい一方でけっこうしんどいんですよね。なので、「周りの友達に笑い取れただけでよしとしよう」と、フェードアウト&オクラ入りになりかけていたわけです。

ところがここへ来ての蒸し返し。それも別な記事の冒頭で何かのついでのように。でもせっかくなら便乗しましょうかと。こっちも盛大に蒸し返すことにしました。待望のシリーズ再開です(笑)。

長いことほったらかしなので経緯を少し整理します。

ある日アサマで風変わりな練習をしている一団がいた。
それを見た私が面白おかしくブログで茶化した。
一団を引率していた人(人気ブロガー)がそれを知って怒った

という流れになります。

誰が見ても悪いのは私という感じですが、腑に落ちない点が多々あるので今回はそれを書いていきます。

まずは私の書いた文がこちら。

リフトの上からゲレンデを見ていたら、橋本真也の水面蹴りみたいなフォームのドリルをしている人たちがいました。おしりがヒールピースに触れるほどしゃがみこんで、準備運動の伸脚みたいに外脚を真横に伸ばしてターンしています。

つい「あれはいったい何の練習なんでしょうねえ……」と隣の知らない人につぶやいたら、「あれは、ワイドスタンスのフルカービングですね」と、そんなこともわからないのかといった口調で教えられました。

でもあんなにド後傾で内脚にどっしり乗っちゃったらフルカービングという現象は発現しえない気がするし実際ちっとも斬れてないじゃん……と思いましたが黙っていました。彼らには彼らのスキーがあります。

それに対する先方のお怒り。

ド後傾で内脚乗ったらカービンしえない、実際ちっとも斬れてない  だと?

ふざけんなボケ

受講してくれてる人が一生懸命練習してるのに、赤の他人が見下したこと書きやがって

後ろに乗ろうが、キレてなかろうが
他人がどんな練習しようと勝手だろ

指導する方は目的をもってやってんだ

そんな目的も知ねーヤツが、ブログで赤の他人のレッスンに調子こいてケチ付けてんじゃねー

スキー場で犯罪犯したり、思いっきりマナー違反の奴を叩く記事ならまだしも、

何の非もなく、ただ練習してる人達を愚弄するバカがどこにいる?

(すべて原文ママ)

いやはや、おそろしい剣幕ですね(文字装飾をはぶいたら不気味な迫力が半減してしまったので、雰囲気はぜひ原文でお楽しみください)。

品位を欠いた表現ばかりで文意が汲みにくいことは置いとくとしても、この人は今後どこかのスキー場で私と出くわす可能性はないと確信しているのでしょうか? 私は公然と「ボケ」「バカ」呼ばわりされたことを忘れるつもりはありませんよ。

ともかく、コミュニケーションが成立する相手じゃないことは明白なようですので、私のほうも好きに書こうと思います。

まず、私が明白に悪意(茶化す意図)をもって書いたのは「橋本真也の水面蹴り」という表現だけであり、この部分に関しては当方といたしましても謝罪する気満々なのですが、なぜか総統閣下は御スルーされておいでです。へえ、ここはいいんだ、っていう感じ。

次に、はっきりしないのが私が見たのがホントは何の練習だったのかってことです。隣の知らないおっさんは「ワイドスタンスのフルカービングだ」と明言しましたが、その返答に私は半信半疑でした。

なので、私が書いた文は彼らの練習方法に対する感想というよりは隣のおっさんの解釈に対する疑いが大半なのですが、そこは読み取れてるんでしょうかね。カンカンに怒ったところを見ると読み取れてないようですね。

彼らの練習は、極端に言えば尻もちをついたまま滑っているようなフォームでした。体育座りの姿勢から片脚を真横に伸ばしたかなり特異なフォームだったので、ゲレンデでもなかなか注目を集めていましたよ。そして、私の(人よりもずっととぼしい)知識では、この体勢からフルカービングが導入されていく過程や理屈はちょっと想像がつきませんでした。これは今も同じです。

「それじゃカービングはしないんじゃないのカナ?」っていう疑問を率直に文章化しただけなのですが、総統閣下は私が疑問を抱いたことそのものにお怒りのようなんですよね……彼にとってはそれが「調子こいて」「見下し」「ケチ付け」「愚弄」したことになるらしいんです。

正直、いったい全体どんなロジックでそうなるのか、わかる人がいたら教えてほしいくらいです。人が激昂に至るステップって間にもっと色々あると思うんですが、もともと私のことは敵認定していたようなので、その先入観の影響もあるのかもしれません。

キミにはまだわからないかもしれないけど、これこれこういう意図がある練習なんだよ

落ち着いて話せばこれだけで済む話だと思うんですが、書いてないですね。書けないようなフクザツな練習なんですかね。この人のブログを隅々読めば書いてあるのかなあ。

「実際ちっとも斬れてないじゃん」の部分にもかなりお怒りのご様子。これに怒ったということは、やっぱりカービングの練習だったようですね。的外れな批判は痛くもかゆくもありませんが、図星を突かれると腹立たしいものです。でも図星だったとしたら、たぶんいちばん頭に来たのはここでしょうね(笑)。

ところで、私が生徒さんの滑りを「斬れてないねー」などと評したのならば、たしかに「調子こいて見下してる」と言われてもしかたないかもしれません。しかし残念ながら、私が見て「斬れてない」と感じたのはほかならぬ総統閣下ご当人の滑走です。リフト上から見たレッスン風景ではイントラ役の人でしたし、炎上を受けてウエアも確認したので間違いありません。

斬れてませんでしたよ。

(結果的にキレてしまいましたが)

スキー板がズレズレだったというのは単なる事実であって、それを摘示したことをとやかく言われる謂われはカケラもありません。どこの誰の滑りとも書きませんでしたしね(知らなかったから)。「俺たちの練習のことを書いている!」と勝手に名乗り出たのは総統閣下のほうです。

誰が読んでいるとも知らぬ弱小ブログの記事のほんの一部分を、わざわざご自分で拡散したんですよ。人気No.1のブログで、それはもう大騒ぎしてね。かわいい親衛隊員さんたちをいやな気分にさせたのは、果たしてどっちなんですかねえ……。怒りのあまり冷静な判断力を失ってしまったんですかね。

それにしても、プライベートだったとは言え、本職のイントラさんがレッスン形式でイントラ役をやっていたわけですから、滑りやレッスン内容をどこで見られて誰にどう評価されても、怒るところじゃないんじゃないかなあ、と私は思いますね。その程度の覚悟もなしにイントラをやってるんだとしたら色んな意味で残念ですし、もっとご自分のやってることに自信をお持ちになっていいんじゃないですか(笑)。ましてや、私はヘッポコ2級スキーヤーです。そんな格下スキーヤーに煽られて逆上するなんて、沸点何度ですか?

まとめます。

「あんな滑り方じゃカービングしないんじゃないか」というのは私個人のスキー論です。当然間違っている可能性はあります。ご批判は結構ですが、そこには根拠を添えていただきたい。それもせずに「ケチ付けてんじゃねー」「ボケ」「バカ」と下劣な言葉をただ投げつけるのは子供のやることです。

「斬れてなかった」これは事実です。私がそう主張しているだけで証拠は示せませんが、フルカービングがいかなるものかは私などよりずっとよくご存知のはずですし、斬れてたか斬れてなかったかはご自身が一番よくおわかりでしょう。本職のイントラでありながらこれを指摘されてキレるなど、イントラとしての資質を疑います。

以上。

タグ:炎上案件
posted by Gyochan at 01:34 | Comment(109) | スキー

2016年07月25日

ツール・ド・フランス2005 第1ステージ

クロイツィゲル → 黒井茂とか、「お値段以上ニバリ」とか、ツイッターの #jspocycle タグには今年もだいぶ笑わせていただきました。

毎度。俺です。

ツール・ド・フランス2016が終了しました。心配されていたテロもなく、無事に23日3500kmの日程が終了。

そして例年のごとく私は“ツルロス”に見舞われております。

むかしmixiで書いていた日記をあさっていたら2005年ツールのテレビ観戦レポが出てきたので、ネタ埋めついでに転載していくことにします。まずは第1ステージから。

-------- ✄ ココカラ ✄ --------

ツール・ド・フランス2005 第1ステージ (2005.7.2)

ここここ今年も始まってしまいました、ツール・ド・フランス!

──F1のミシュラン騒動とか新レースA1グランプリって何なのよとかモータースポーツ関連であれこれ書きたいこともたまっていたのだけれど、それはひとまず置いといて、今日からの約3週間、この日記はサイクルスポーツ一色となります。

今年の見どころは何と言ってもやはり今回のツールを最後に引退を表明している超スーパースター、ランス・アームストロング七連覇の行方と宿敵ヤン・ウルリッヒの復権なるかというところなのであるが、まあこの大テーマはここ数年ずっと同じ図式であり代わりばえしない。

個人的には、去年引退した大山岳王リシャール・ヴィランクの後釜に座るのは誰かといったところや、去年10日間もマイヨジョーヌを守った美少年ボクレール(去年はボエックラーと英語読みしていたが、ボクレールに落ち着いたらしい)を始めとする若手がどこまで食い込むかといったあたりを注目していきたい。

ここまで読んで自転車プロロードレースに関心がない人はもうすでに何が何やらさっぱりわからないことと思う。いちおうこの日記も読む人がいることを想定して書いているので、ツール・ド・フランス観戦の楽しさも追い追いちょっとずつわかってもらえるようにしていきたいと思う。

さて、本日は第1ステージ。
・個人TT
・フロモンティーヌ〜ノワールムティエ・アン・リル
・19km

Result:
1. ザブリスキー(CSC)
2. アームストロング(ディスカバリー)
3. ヴィノクロフ(Tモバイル)
4. フォイクト(CSC)
5. カンチェラッラ(ファッサ)

※総合順位も同上

出場選手の顔見世も兼ねて個人タイムトライアルで幕を開けるツール・ド・フランス。ジロやブエルタその他のレースはほとんど観ずル・ツール一点集中で観戦する私には、1年ぶりに各選手の顔や名前を思い出したり、移籍した選手の行方をチェックしたり、ついでに今年の調子を確認したりするのにこの個人TTはとても便利だ。実際、初日に個人TTを持ってくるのはそういう意味合いが強いのだろう。1分おきに一人ずつ選手が出発していき、山場もないので落ち着いて成り行きをながめながらこの先21戦の激闘に静かに期待感を高めてゆく、そんなステージである。

結果は、ランス2位、ウルリッヒ振るわず、若手TTスペシャリストがステージを征して暫定マイヨジョーヌという奇しくも去年の第1ステージとまったく同じ図式になった。去年の第1ステージで優勝したカンチェラッラは、たしかマイヨジョーヌを着ることができた喜びで感極まって泣いていたが、今回優勝のザブリスキー君の胸中はどうだったろう。

ランス出足好調なのは「あーはいはい今年も強いのね」って感じでもう半分あきらめにも似た心境。ウルリッヒの不振が気にかかるが、この人はまあ去年も序盤しばらく下痢をしていてファンをやきもきさせたりオフシーズンにすっかり太ってファンをやきもきさせたり何かにつけてファンをやきもきさせがちな選手なのであまりやきもきせずに見守っていきたい。

-------- ✄ ココマデ ✄ --------

ランスやウルリッヒ、ヴィノクロフが現役で、ベテランのカンチェやボクレールがまだ若手という時代ですね。ファッサやCSC、Tモバイルなどのチーム名も懐かしいな。

このシリーズしばらく続けます。

posted by Gyochan at 20:00 | Comment(0) | 自転車

2016年07月24日

またグリスを詰め替えました

今年は母校が順調に勝ち進んでいるので気分がよろしい。

毎度。俺です。

歯磨き粉のミニチューブにグリスを詰め替えるとちょびっとだけ使うのに便利、という話を先日書きました

1.JPG

これです。

歯磨き粉のチューブには何の不満もないのですが、さらに使い勝手がよさそうな容器を思いつきました。

2.JPG

これです。

お弁当でおなじみ、おさかなの醤油差し。たれびん、というそうです。

3.JPG

さっそく詰め替えてみました。「餡が尻まで詰まっていないたい焼き状態」になってしまいました。口移しで注入は難しいですね。尾まで届く針付きのインジェクターがあるとよさそう。

4.JPG

使うときは、口からちょっとだけグリスを出して……

5.JPG

対象物に塗りつけます(写真はボトルケージ取付ボルト)。

手先が不器用&老眼の私でも、耳かき一杯にも満たない極微量をたやすく手を汚さずに塗布することができました。いや〜これは便利(自画自賛)。

ただ、ひとつだけ頭の痛い問題があります。

6.JPG

残り99個をどうやって消費しよう……。

posted by Gyochan at 16:13 | Comment(2) | 自転車